和歌山県那智勝浦町
英語 (English)韓国語 (Korean)中国語 (Chinese)
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトマップ トップページへ
サイトの現在位置
トップ町の情報目安箱の回答目安箱のご意見と回答
 
2016年1月21日 更新
印刷用ページを開く
目安箱のご意見と回答
より良いまちづくりの参考とするため、町政に関する町民の皆さまからのご意見やご提案をお寄せください。
お寄せいただいたご意見やご提案は、町長が拝見し、各担当課で検討の上、今後の町政運営の参考とさせていただきます。
個人情報の取り扱い
提供された個人情報は、「目安箱意見」に関する業務目的以外には使用いたしません。
また、ホームページへの公開に際しましては、個人情報の取り扱いに十分注意し、個人が特定されるような情報は掲載いたしません。
回答基準
投稿内容が、次のいずれかに該当する場合は回答いたしませんが、お寄せいただいたご意見は、関係部署に報告し、町政運営の参考とさせていただきます。
 (1)町制に関係しないもの
 (2)個人、団体を誹謗中傷するもの(侮辱的な表現を含む)
 (3)個人のプライバシーの侵害に当たるもの
 (4)営業・政治・宗教活動とみなされるもの
 (5)氏名・住所、連絡先(Eメールアドレスを含む)等の記載がないもの
 (6)趣旨が不明なもの
 (7)その他、「目安箱意見」として取り扱うことが相当でないと認められるもの
    (本目安箱意見制度の趣旨にそぐわないものは受付できません)

公開基準
投稿内容が、次のいずれかに該当する場合は公開いたしません。
 (1)上記回答基準を満たさないもの
 (2)特定の個人名や団体名など個人情報等が記載されているもの
    (投稿要旨及び回答から、特定の個人が識別されてしまうものを含む)
 (3)個人的な照会や質問等に対する回答内容であるもの
 (4)同趣旨の投稿が繰り返し寄せられ、既にその回答を掲載しているもの
 (5)その他掲載することが適当でないと判断したもの
ご意見と回答
役場本庁および各出張所に目安箱を設置しております。町民の皆さまからお寄せいただいたご意見とその回答を掲載しております。
 
ご意見・ご提案回 答
R42の宇久井駅近くの踏切を渡って小学生の通学路になっている。信号を渡る時(通学時)見守隊を行っています。踏切からR42迄の約100m間が道が狭く車と小学生との接触(車や自転車)があった。又(めったにないし我々も気配してる)事故になったらと思うと・・・・・歩道(中2m位)があればなといつも思います。予算の都合もあるでしょうが、重大事故を未然に防ぎたいので早急の実現を願います
宇久井73号線の道路拡幅について
役場建設課より回答いたします。
ご意見ありがとうございます。ご指摘のありました宇久井73号線につきましては、以前から宇久井区より道路拡幅の要望があります。現在地籍調査を行っており、平成30年度以降で道路用地の協力が得られたところから順次進めていきたいと考えております。ご理解をお願いいたします。 
 
 
 
ご意見・ご提案回 答
(舞台の説明5ページ分)
 大和文明の脊椎ともいえる天皇制を超えた、母と子の摂理を考えました。一夜、有料観客動員目標三千人の涙を、聖なる那智の砂に吸いとらせるプロデュスの野望です。 キャステングは文学座を勧めます。 文学座は心身磨き上げた演技力の集団です。テレビ目垢のついたエンターテイメントは、排除しなければならない熊野舞台″です。 脚本家と演出家は文学座に紹介を請えます。 音楽はオリジナル不要です。既成のCD、平家琵琶、筑前琵琶は必需です。 クライマックスには、黛敏郎の「涅槃交響楽」に効果性があります。釈迦入滅がテーマのシンホニーです。 安徳天皇役だけは、近畿二府四県内の小学一年女児に、応募を募る方法をメディアに発表が、こちらの手の内です。 演劇史に存在しないこのシアターキューヒズムに、全国のメディアが動くのは必至です。 那智の芝居と勝浦の湯との相乗が、この構想を牽引した経済理念です。 ご検討ください。細部に亘る立体検証は不可欠です。町長のゴーサインに議会の承認を経れば、観光協会が先陣に立つ、町民総力戦となります。二十一世紀の‶熊野詣″を確立しなければなりません。公演期間土旺日から日旺日までの九日間とすれば、予測される二日程度の雨天には、体育館へ舞台を移せます。公演前の立稽古と衣装合わせには、体育館が必要となります。
平素は、町行政にご理解ご協力を賜り有難うございます。
この度は、「那智の浜」を舞台にしたご提案を頂き誠に有難うございました。また、お返事が遅くなり大変失礼しました。
さて貴殿よりご提案頂きました内容につきまして、今後、関係団体等と検討して参ります。今後の那智勝浦町の観光業の発展につきまして、「那智の芝居と勝浦の湯」の相乗という大変貴重な発案をご提案下さったこと改めて感謝申し上げます。因みに二十一世紀の「熊野詣」で申し上げますと、現在、那智勝浦町観光協会では熊野詣の再現として「あげいん熊野詣」を毎年10月の第4日曜日に開催し、全国各地よりお客さまにお越し頂いております。
また、ご提案などございましたらご遠慮なくお聞かせ頂けますと幸いです。今後とも何卒よろしくお願い致します。 
 
 
 
ご意見・ご提案回 答
新病院敷地に福祉事業団が施設運営を行う予定だそうですが、何人かの町議会議員が質疑された様に4年間かけて約5億円使って取得した貴重で町民医療行為のための施設であり、土地無償貸与の要求も町益を損う等問題を後々まで引き起こす事態となりましょう。勝浦漁協の再建につきましても地方紙のコラムが指摘したごとく、県の方針に町議会が形式的な異議を示したものの結局は容認。税金の使途について真摯な対処を望みます。
 新病院建設のために造成した貴重な建設用地ではありますが、障害者の方々にとって紀南地域に必要な施設ですので、御理解くださいますようお願いいたします。
 
 
 
ご意見・ご提案回 答
大雨洪水警報を安易に放送するな!(うるさいだけ)ハズレが多過ぎる。ハズレてもお詫びの放送なし。「解除されました」で済ませるのか。
 和歌山県の気象警報は、和歌山地方気象台から一部例外を除き市町村単位で発令されます。 警報が発令された場合、市町村には住民にお知らせすることが法律で定められているため、防災行政無線放送にて広報をしています。 警報発令の基準は、気象台において市町村単位で数値基準を設けて判断をしているため、町内の一部でも基準に達した場合等に「那智勝浦町」に発令されます。そのため、お住いの地域で雨が降っていない場合でも、町内の別の場所で大雨が降っている場合に「那智勝浦町に大雨警報が発令」されます。 このような事情がありますので、ご理解・ご協力の程、よろしくお願いいたします。
※参考※
H28.8.17大雨洪水警報発令について
大雨洪水警報発令…17:02
大雨洪水警報解除…18:46
下里雨量(和歌山県)…0mm
色川雨量(アメダス)…117.5mm(17時までの1時間72.5mm)
 
 
 
ご意見・ご提案回 答
町歌をチャイム(5時など)に使用してみてはどうですか??もっと色んな人に知ってもらえると思います。 
検討します。 
 
 
 
ご意見・ご提案回 答
高齢者人口の増加は、望ましい事ですが、医療保険介護保険制度の財政を硬直化しております。予防、日頃の健康管理を進め、過度な受診を減らすべきではないでしょうか。その方策として、利用回数の少なさに応じて、保険料を割引く、或いは、地域振興券等を貰えるようにして頂ければ、健康維持増進に繋がると思います。 
那智勝浦町国民健康保険では、1年間医療機関を受診していない加入者に対し、健康優良表彰として商工会商品券の贈呈と、特定健診受診料の助成を実施しています。これにより、国民健康保険加入者の自主的な健康増進及び疾病予防を働きかけ、医療費の適正化を図っています。 
 
 
 
ご意見・ご提案回 答
町民税等一括で納入した際割引き制度があったら微収効率化し納税者にとっても利便性が増すと思われます。ぜひ実施して頂きたく存じます。 
 平素は納税にご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。町民税等を一括で納入した場合の割引制度については、平成22年度まで町県民税と固定資産税を第1期の納期までに一括して納付された場合に「前納報奨金」を交付する制度を実施していました。この制度は、納税を推奨することを目的として納付方法が少ない時代(昭和25年)に創設されたものです。しかしながら、納税環境も大きく変化し、特別徴収制度に前納報奨金が適用されず不公平が生じていることなどから、平成23年度に廃止いたしました。本町では、納税者の皆様の利便性を高めるため、コンビニエンスストアで納付ができるサービスの開始や、口座振替推進キャンペーンによる口座振替の推進などを行っています。何卒、前納報奨金制度廃止の趣旨をご理解いただき、今後とも町税の納期内納付、早期納税にご協力いただきますようお願いいたします。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  道の駅の事です。いつも思っているんですけど、店へ入いるとあいさつ(いらっしゃいませ、ありがとう)が、ない。笑顔もない、最近は1人がレジをしてお客様がいるのにもう1人は冷蔵庫の前でケイタイを持って話しをしていた。仕事をしていることを忘れているように思います。どこの職場でもありえないことです。おかしい、これは複数の方が、思っていることです。道の駅も観光客がよく来る所なので町の顔なると思います。指導がなっていない(特に女性です)
 シキビを買ってすぐ葉が落ちました(古いのでは?)
  大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません。いただいたご意見を元に、今後はお客様により気持ちよくお買い物をしていただけるよう指導を徹底してまいります。
 また、不良品につきましては、返金させていただきますので、大変お手数ではありますが、道の駅の方にご連絡いただければと思います。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  下里青年研修所の北向きスピーカーは不要である。非常にうるさいので取りはずして欲しい。北側方面はほとんど田圃・畑の空間であり、その向こう山際に住宅がならんでいるが、下里中学校側からのスピーカーで十分足りる。
  総務課防災係でお答えします。下里青年研修所の北(北西)向きスピーカーについて、下里中学校の南(南東)向きスピーカーとほぼ向かい合う方向を向いています。そのため、場所によっては両方のスピーカーからの放送が聞こえてしまい、大変ご迷惑をお掛けしているかと思います。
  下里青年研修所の北向きスピーカーを取り外した場合の影響(主に下里駅周辺と考えられます)がどの程度になるかを業者や地元と確認を取って行きます。仮に、放送が聞き取り辛い等の影響が生じる場合は、スピーカーの設置は現状のままとさせて頂きたいと思いますので、その場合はご了承頂きますようお願い致します
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 休日を制定するのは、国の施策でありますが、日本の祝日に、更に「山の日」が加わりました。連休を多くする事により、経済的効果を高めるのが目的の一つでしょうが、日本には祝日が多すぎて公共サービス・役所の利用が更に減少し、不便をきたします。クリーンセンター、図書館、役場等、規定通り休まず、せめて半日でも開業して下されば、町民のニーズの受け皿となると考えます。
 ご意見ありがとうございます。祝日の開庁・開館についてですが、厳しい財政事情のなか、コスト削減に努めており、人件費や光熱費などの増加、また職員を増やすことが困難な状況での勤務ローテーション編成にかかる影響などを考量し、現在のところ予定しておりません。何かとご不便であると思いますが、ご理解くださるようよろしくお願いいたします。
※クリーンセンター持込み受付平日8:30〜12:00・13:00〜16:00土曜日 8:30〜11:00祝祭日は持込みを受付けることができませんが、平成27年12月23日に限り年末の混雑を避けるため、8:30〜12:00 ・ 13:00〜16:00の持込みを受付いたします。平成27年の年末は12月30日(水)8:30〜11:00まで、年始は1月4日(月)からとなっています。
 ※図書館の休館日毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日も休館)毎月末日 (末日が月曜日の場合は翌月1日の火曜日も休館)祝日    年末年始2月〜3月にかけて約10日間の図書整理期間 利用者の利便性を考えますと、祝日も開館したいところですが職員の勤務ローテーションの都合によりやむを得ず閉館しているのが実情です。ご理解をお願いします。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 健康保険税、土地、宅物税等12ヶ月で割っての支払いにしてくれると、支払いがしやすく、楽になりますが。せめて10回払いにしてもらいたい。  日頃は納税にご協力いただきましてありがとうございます。お問い合わせのありました国民健康保険税、固定資産税の支払い回数は地方税法に準じて条例により決定しております。国民健康保険税の納め方には、納付書や口座振替により納付していただく方法(普通徴収)と年金から天引きする方法(特別徴収)があります。普通徴収の場合は、年間12か月分を所得が確定する6月から翌年3月までの10回の納期となっています。特別徴収の場合は、年に6回、年金支給月に支給される年金からあらかじめ差し引かれます。(申し出により年10回の口座振替に変更できます。)また、年度の途中で納付書や口座振替から年金天引きに移行する場合もあります。固定資産税につきましては、町県民税の納期と重ならないよう、5月31日、7月31日、12月25日、2月末日の年4回の納期となっています。なお、どうしても納付が困難な場合には、1年以内で完納となるよう分割納付の相談をお受けしております。役場税務課まで相談にお越し下さいますようお願いいたします。(ただし、督促手数料、延滞金が発生する場合があります。)
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 小坂山は子ども園をはじめ、近りんのみなさんの災害時ひなん場所になっていますが、私有地のためか柵(かんぬき)がしてあります。売り地になっているので、できれば町の土地にしていただき、かんぬきを(地震時こわれてあかなくならないか不安)戸をつけるのはやめていただき、いつでも入れるよう整備してほしいです。  総務課防災係で回答致します。小坂山は所有者様の御好意により、避難場所に指定させていただいております。平成17年度には避難階段等の整備工事を行っており、草刈り等の維持作業については北浜区自主防災組織の協力をいただいております。フェンスの設置については、不法投棄対策として所有者様がされておりますが、鍵は設置せずにいつでも入れるような対応をしていただいております。また、売地になっていることは町としても把握しておりますが、現在のところ購入する予定はございません。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 熊野地方をサッカーの聖地に!本件是非、ご検討願います。サッカーを日本に初めて紹介した中村様は、那智勝浦町浜の宮出身ですし。ヤタガラスも熊野地方に由来の有る物です。熊野・那智勝浦町振興策はこれしか有りません!ヤタガラスの件等で、日本サッカー協会等とも縁が有ると思いますので。宜しくお願い申し上げます。  この度はメールをいただきありがとうございます。ご提案いただいた件について、ご報告させていただきます。ご意見にありますように当町浜ノ宮出身の中村覚之助氏は初めて日本にサッカーを導入した方であり、日本サッカー協会のエンブレムのヤタガラスは熊野地方の守り神でもあります。そういったご縁もあり、現在日本サッカー協会さんとは交流させていただいております。ワールドカップ開催前は必勝祈願で必ず熊野三山を訪れていただいておりますし、日本サッカー協会のご協力をいただいて大門坂駐車場になでしこジャパンの記念モニュメントを設置しました。那智駅にある那智駅交流センターには日本サッカー協会より寄贈いただいたサインボールやユニフォームなども展示しております。現在は、この那智駅交流センターの展示スペースを拡張できないか検討しているところです。今後は、那智駅交流センターと駅前にある中村覚之助氏の顕彰碑、大門坂駐車場のなでしこジャパンのモニュメント等をつなぎ、サッカー関連で本町をPRしていけないか模索していきたいと考えております。貴重なご意見ありがとうございました。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 ボランティアに携さわれる方々に、敬意及びに感謝の念を申したく存じます。自治体は、ボランティア協力を呼びかけている場合がございますが、善意に全面的に依頼する方式から、支援・援助体制を高めて頂きたいです。例えば、交通費、町内地域買物券を支給する等など財源は、ボランティア基金を創設し充当する事により、町内の美化、自然保護、里山保全等で振興につながると思います。  貴重なご意見ありがとうございます。自発的な意志に基づき他人や社会に貢献、奉仕していただいていますボランティアの皆様方には心から感謝と敬意を表しますとともに誠にありがたく存じます。ご意見いただきましたボランティア基金を創設し、交通費、町内地域買物券を支給する等などは考えておりませんので、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 いつも期日前投票をしているが、@えんぴつをけずっていない。(この目安箱もですが)A立会人の私語が多い(本当の立会いの意味になっていない)以上2点がとても気になります。改善をお願いします。B目安箱の紙がない。(設置するのであれば定期点検を)  @Aご指摘いただいた点に注意しながら、選挙事務の改善に努めてまいります。B目安箱の用紙を切らし、ご不便をおかけしたこと、お詫び申し上げます。今後この様なことがない様に気をつけます。ご意見ありがとうございました。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 今まで、毎年、若葉検診のお知らせと安く受けられる券を頂いていましたが、期間が10月頃までで終わってしまうため、(農家なので、ちょうど農繁期で、なかなか休みの予定が組めません。子供もいます。)受けずじまいでいます。検診も年に1度くらいはと思っているのですが、有効利用できずにいます。券を使える期間を冬の間まで延長してもらうことはできないでしょうか。1月、2月くらいまで使えるとありがたいのですが。ご検討下さい。  昨年度まで有効期限が10月末でしたが、本年度より11月末までに延長して健診期間を6月〜11月の6ヶ月としました。又、この間、7月・10月・11月に集団健診を日曜日に実施しておりますので、ご利用下さい。(各月1回)今後については、関係機関と協議の上、検討させて頂きます。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 川沿いの勝浦役場駐車場についての苦情です。今年の2月からほぼ毎日、役場駐車場において川沿いの民家側に夜中、数台の車がライトを家に照らし、エンジンをかけたまま数時間いたりします。土日の日中、深夜問わずしている車もあります。役場職員以外に一般の人に駐車場を解放しているなら、マナーを守れない非常識な人達には注意をしてもらいたいです。こちらはすごく迷惑しています。職員の人が帰った夜、土日祝日は施錠してほしいです。  役場本庁前駐車場で夜中アイドリングしライトを照らしている車輛があるので注意及び施錠してほしいとのご指摘について、総務課管財係からお答えします。まず、注意して欲しいとのご依頼につきましては、警備員に職員駐車場でこのようなご指摘があったことを説明し、巡回するときに職員駐車場に気を付けるよう、また、そのような車を見付け次第注意するよう指示致しました。次に、休日及び深夜に駐車場を施錠して欲しいとのご依頼ですが、休日深夜とはいえ職員が駐車場から出入りしない訳ではありません。仕事がある職員や出張等あって深夜早朝に出入りしなければならない職員もおりますので、施錠することは出来ません。なお、本件につきましては、全職員へも事情を説明した上で注意喚起を行ないました。ご迷惑をおかけし大変申し訳ありませんが、ご理解のほどをよろしくお願い致します。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 国道及び県道へ道路照明を増設して欲しい。特に県道は臨海線ばかり増設しているので他の地域へも配慮してもらえる様に県へと強く要望して欲しい。川関から市野々までの区間でまっ暗な箇所が多々あります。国道は湯川温泉バス停付近のカーブ。みなとはしの周辺、鯨浦隧道トンネル、くまのじ寮付近のカーブ(既存の道路照明の反対側)鈴森自動車付近のカーブ、市屋 落合記念館のカンバン付近のカーブ、町民センターの前。尚、商店のカンバンや照明を当てにしないで欲しい(深夜、早朝には消灯されている)設置してもらえる事を強く希望します。なにとぞよろしくお願いいたします。  ご意見ありがとうございます。国道・県道への道路照明設置要望につきましては、交通量が非常に多い路線や通行の多い交差点で以前から事故が多発している所と幅員が急にせまくなる箇所、そして、自転車や歩行者の往来が多く危険な路線等を付近住民や利用者の意見を参考にしながら行っています。単に道が暗いから危険に感じる、という理由だけで要望は行っていませんので、ご理解の程、お願いします。今後も現地調査の上、道路照明必要箇所については要望を行ってまいります。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 那智勝浦町の花火大会について開催には、1600万円の費用220万円の寄付が充てられています。花火大会継続について費用対効果、町民の要望は高いのでしょうか。私は花火に代わり、光(レーザーショウー、イルミネーション、物品B、C級グルメ販売等の方が経費も大幅に押さえる事が出来、経済的恩恵も大きいと思うのですが、その様なお考えはないのでしょうか。  ご意見をいただきありがとうございます。花火大会についてお答えさせていただきます。1600万円の費用については、主に企業寄付、住民寄付等でまかなっております。町からは300万円の補助となっております。花火大会については復活してから今年度で8回目となります。恒例の行事となっており、町民の皆様も楽しみにしてくれております。現在の所、花火大会は継続していきたいと思いますので、ご理解下さい。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 宇久井の(通称 延命寺)町道、臨海道路で自動車原動付二輪車の高速運転がしばしば行なわれ、時には危険を感じます。(特に早朝、夜)交通標識は難しいという事なので、せめて「スピードは控えて。「スロー」」等の表示を道路か掲示板に表記して頂けるようお願い致します。(これらは、他の道路でも実施されており、費用は少額で、運転者のマナー向上につながると思います)   「スピードをおとせ」の表示を検討させていただきます。回答が遅くなって申し訳ございません。ご意見ありがとうございました。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 津波が来た場合のひなん経路についてです。
 井関や宇久井その他でひなん経路ができているとききました。ですが、私は井関や宇久井のどのあたりにひなん経路があるのかわかりません。津波はいつどこでいるときにくるかわかりません。自分の住む地域のひなん経路だけ知っていても意味がないのです。町内全ての地域のひなん経路、もしくは高台を記さいされいてる地図や本みたいなものを作成して配ってほしいです。それを見てどこにひなん経路があるか日頃から頭にいれることができると思います。
 総務課防災係でお答えします。
 災害時の避難場所を確認しておくことはとても大切な防災対策の一つです。町では本年3月末に津波ハザードマップと洪水・土砂災害ハザードマップを作成し、4月から回覧にて各戸配布を行っております。各地区の避難場所につきましてはハザードマップに掲載しておりますのでご確認いただきたいと思います。なお、井関地区は津波浸水想定区域外ですので掲載しておりません。 津波ハザードマップには想定された津波の浸水域、浸水深を色分けして表示しており、洪水・土砂災害ハザードマップでは、那智川と太田川の洪水浸水想定図と、土砂災害の危険箇所及び警戒区域を表示しております。ご自宅の周辺や町内各所でどのような危険性があるのかを確認いただく資料としてご活用願います。 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
このところほぼ毎日の如く無線放送が大音量で垂れ流され、TV・読書・睡眠等が阻害され、静かな生活が破壊されて腹立たしい限りである。緊急事態以外の一般的広報に関しては少なくとも放送の繰り返しは止めて欲しい。左・右スピーカーで4回も聞かされ、長たらしくうるさい。なお、消防本部の火災予防放送は繰り返しがなくなり随分ましになった。
社協の市野々云々の放送だが、2日間に渡り大音量で放送されていたが、わざわざ町民に周知すべき事なのか大いに疑問である。又、警察の防災の日の放送も毎月聞かされるのはうんざりであり、出来れば中止して頂きたい。兎に角、放送は大音量でありうるさいので、その公共性を自覚し、濫用には十分気をつけて頂きたい。 
 総務課防災係でお答えします。町内放送については「いつ」「どこで」「なにが」を簡潔に明確に伝える事が重要であると考えていますが、聞き逃し等を防止するため繰り返し放送を行っています。また、距離の近いスピーカーを同時に鳴らしますと共鳴し、放送内容が聞き取りにくくなる現象が起こるため、時差放送を行っていますのでご了承下さいますようお願いいたします。但し、放送によっては長文となっているものも見受けられますので、放送内容を十分精査し適切な放送内容となるよう努めます。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
大雨、集中豪雨が多く発生し、町内にも大きな被害を及しています。宇久井湊口周辺の国道42号線沿い、木戸浦近辺の県道は改修工事のためもあり、雨水が排水しにくく、自動車の走行によって大きな飛沫(しぶき)を上げています。歩行者、二輪車は、そのた度に水を受ける事になります。舗装すれば、水はけが悪くなる等問題が起こりますが、その対策を充分講じて頂きたくお願い申し上げます。   ご指摘のように宇久井湊口の国道42号沿いは大雨・集中豪雨により水溜りができます。現在、国土交通省へ国道の側溝の流末の排水路の清掃を要望しています。清掃の方向で話が進んでいます。木戸浦近くの県道那智山勝浦線は現在、側溝を含めた道路の工事を行っている為、大雨では水溜りになっています。間もなく勝浦御苑から体育文化会館まで舗装工事が完了します、引き続き体育文化会館から那智大橋まで工事を行っています。ご迷惑をおかけしますが、ご協力をよろしくお願いします。 回答が遅くなって申し訳ございません。ご意見ありがとうございました。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 夏の猛暑は常態化し、深刻な問題を引き起こしています。その主因は人間が行きすぎともいえる、利便性や経済的物質的成長を追求したためで、ヒートアイランド化もアスファルトやコンクリートで固め、大量の熱エネルギーを排出して、もたらされています。その対策について、残念ながら個々の関心は低く行動に結びついておりません。通勤は三人以上乗り合わせる。公共交通を推進する。エアコンに頼りすぎない避暑の工夫等、地球に優しい暮し文化を呼びかけて頂きたく存じます。  ご提案いただき、ありがとうございます。まず始めに温室効果ガス排出量の削減に向けて役場で行っている取組といたしまして、近距離の執行にかかる移動には、可能な限り自転車の利用に努め、公用車の使用の際には、行き先等の調整が可能な場合は、乗り合わせて利用しています。夏季には、ノーネクタイのサマーエコスタイルを実践し、来庁者の支障にならない範囲で空調機器の使用を抑制しています。また、照明点灯箇所の削減を行い、業務に支障のない範囲で部分消灯を行っております。今後も職員一人一人が地球にやさしい暮らしを心掛け、そういった意識が地域にも広まるよう、広報等で呼びかけます。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 公共交通である路線バスは自動車推進政策の下で衰退の一途を巡っています。多くの面で利点の多い電車バスが減少すると高年齢の方々にも支障をきたします。太田地区における路線バスが大幅赤字となっているとの事ですが、車両を乗用者に転換する等、創意工夫すれば利用者増につながるのではと思います。(6〜10人乗りの乗用車)  公共交通の利用を増やすためにバスを小型車輛に転換すればどうかとのご提案について総務課管財係からお答えします。 路線バス等の公共交通につきましては、おっしゃる通り長距離の移動手段を持たない方々にとって大変重要な役割を果たしていると認識しております。 現在、本庁では町営バスとして太田線と色川線の2路線を運行しており、太田線では15人乗り、色川線では14人乗りの車輛を使用しております。各路線共に、多いときには10人以上が同時に乗車することもあり、利用者の積み残しを極力起こさないためにも、6〜10人乗りの車輛で運行することは考えておりません。 ご理解のほどをよろしくお願い致します。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 出張所に巡回図書館的な機能を備えて貰いたい。図書館は遠すぎて利用できず、地域的不平等性がある。まずは、2〜3連程度の図書を配備し、かつ、本館の新規受け入れ本リストのコピーファイルも備置し、それによって新しい本も予約、取り寄せ可能とすべきである。  ご意見を頂戴しありがとうございます。
 現在、図書館では町内の各支所に図書棚を設置して、原則として毎月第三木曜日に85冊(一般図書及び児童図書)の本を配本して、地元の皆様方の読書に対するご要望に応えられるよう努めているところでございます。
 ご要望のございました「新刊図書一覧表」につきましては今のところ各支所には配置しておりませんが、次回から毎月の新刊図書一覧表を各支所に備え付けしておきますのでご覧下さい。
 なお、新刊図書につきましては借り出し希望者が多いため、本館を優先して配置して順番待ちの状況にありますが、ご希望があれば各支所を通じてご予約ください。
 その場合には、長期間お待ちいただく場合もありますので悪しからず御了承ください。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 地上デジタル放送開始で、やむなくZTVに入らねばならぬような状況になってきた。低所得者にとっては、大変負担に思っている。競争がないため、ZTVの料金は、高いと聞く。将来、消費税が上がれば、もっと大変な負担になる。ZTVの料金は、デフレの時代なのに下がっていないのもおかしい。もっと引き下げを行政としても交渉して頂きたい。  鰍yTVに対しましては、これまで1,050円の基本料金は高いとの申入れを行っており、今後も申し入れを継続していきます。(ただし、加入者負担金につきましては、町が全世帯分をすでに負担しているため不要となっています。)
 注)工事費等については別途必要となります。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 無線放送で、特にスピーカー近くの者には耳障りに感じているのは、火災予防の安易、不適切な放送。(風もなく、雨上がりなのにあったなど) 
 そして、特に「夏の夜9時の子供への帰宅促し放送」は、当下里地区では関係ない事で、単なる静夜の静寂を破る大迷惑、大騒音でしかない。(夏の夜は窓を開放しているので、TVの音もかき消される程の大迷惑なのだ)
 直ちに当地区に流すのは止め、必要地区のみに限定すべきである。
 夏の子どもを守る運動の放送に関しまして、ご迷惑をかけていること申しわけありません。
 那智勝浦町青少年育成町民会議では、次代をになう青少年の健全な育成を図るため、関係機関及び団体と緊密な協力を保ち町民の総意のもと、青少年の育成や非行防止活動等色々な事業を展開しております。一地域だけでなく町内全域を対象とした活動を行っておりますので、その主旨をご理解いただき、どうかご協力よろしくお願いいたします。  
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 職員の中には、税金問題でまるで、糠に釘の如き返答しか出来ぬ者がいて、全く呆れ果てた。職員の意識啓発、教育研修、資質向上の必要性を感図ず。(行政サービスの向上と直結している)
 本町では、「那智勝浦町人材育成基本方針」にのっとり、職員の自発的努力(自己啓発)と職場研修(OJT)と職場外研修(Off.J.T)を三つの柱として職員の能力開発を行っているところです。
 今後は、皆様に対しご意見をいただいたようなことがなきよう、より一層職員の能力向上に努めてまいります。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 大赤字の出張所経営につき、「民間委託」との議会方針などあったが、どうなっているのか?もし民間委託で不足分があるなら、それ相当分の出張所併存策を考えたらどうか? 
 例えば、下里と太田は近接しているので、中学校が統合されたように、出張所統合はどうか?ベテランOB職員なら人員も一人配置で、ベテラン能力でやり繰りは可能だろう。  なお且つ、午前中の開室のみで事足りる。利用動向次第では、更に月・水・金の午前中とかにすべき。 
 なお、太田ではダム、河川管理など仄聞するが、カウンター業務ではないのだから、別対策の立てようがあろう。
 なお、最近試験場跡地に出張所移転の意見も一部あるやに仄聞したが、もしそうなれば、建物は最小規模の小屋で良し、又、太田出張所統合が伴わないと、余計な出費と懸念する。
 出張所業務は、本町のように行政面積が広く、人口分布も広範囲な自治体にとって、高齢者や交通弱者等も含めた地域住民の利便性の上でも重要な住民行政サービスの一環と考えております。 今年度より町内4箇所の出張所のうち水防の重要な拠点である太田出張所を除く3出張所(宇久井・色川・下里)において、元役場職員に所長職をお願いし出張所運営経費の削減を行っています。 将来の出張所業務につきましては、皆様のご意見を伺いながら、現在の行政サービスを維持しながら、より効率的な運営に努めてまいります。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 温泉地なのに、入浴料が高く感じて気楽に行けない。せめて、高齢の希望者には、その健康・活性の為にも入浴半額福祉○枚綴りでも交付して貰えぬものか?          那智駅交流センター「丹敷の湯」の入浴料は通常600円ですが、回数券(7枚で3,000円)をご利用いただきますと1枚当たり約430円となります。また、70歳以上の方を対象に敬老の日の前後に町民無料招待日を設定しておりますのでご利用ください。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
下里地区の観光的側面から
 
@江川のハマボウ群生地が長年ゴミだらけで放置され、ハマボウの里の看板が泣く。観光客を案内したが、恥ずかしい限りであった。行政も対策して動いてほしい。
A懸泉堂もすたれた姿をしているが、あれで良いのか?
B太田川河口のシロウオが増加するような対策はとられているのか?        
@観光産業課では、江川の清掃までは手が回りません。 A教育委員会では懸泉堂につきましては、個人所有のものでありますが、国の文化財登録原簿への登録(登録有形文化財)について取り組みを行っていきたいと考えております。
Bシロウオ漁につきましては、特に対策は行っておりません。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 ミニとれとれ市場のような所で、一般飲食店などにない郷土色豊かな食材で創作料理など気楽に味わえるオープンな飲食街などあったらどうか? 
 例えば、マグロ内臓料理、高菜巻寿司、芽の寿司などなど。        
 ご提案のような施設があれば、観光のお客様も近隣の方々も大変喜ぶことと思います。まずは、那智勝浦ならではの特色ある料理メニュー作りに取り組みたいと考えています。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 宇久井→高津気を結ぶ町道、通称じぞうさまのカーブがあまりにも傾斜がなく川側を上げてほしい。そこそこのスピードで走るため(自動車学校の近くのように)その上の右側(のぼりに向かって)の町道上部梅の木の枝が走行に危険であるから、枝をとってほしい。枝が大きく垂れ下がっています。      
 ご指摘の場所が、地図の所であれば、ゆるやかなS字カーブになっています。
(地図はこちらをご覧ください)
 川側をあげてほしいとの要望でございますが、一般的にカーブがきつい場合は片勾配で施工する必要があります。ご指摘の現場はS地カーブで連続するカーブの為、現状の施工にさせていただいています。
 制限速度(20km)で安全な走行をお願いいたします。
 また、町道にはみだしている梅の木の枝につきましては、全線を確認して、町道にはみだしている木を地主の了解を得て伐採させていただきます。
 ご意見ありがとうございました。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 化石の宝庫であり、風光明媚である「おじゃ浦」の遊歩道の改修をいつになったらするんですか?(行政の怠慢そのもの)
 町広報で報告ください。        
 お蛇浦遊歩道につきましてご不便をおかけし申し訳ございません。 平成14年5月、遊歩道の中間付近で山からの崩落がありました。崩土は取り除いたもののさらに崩落の危険があるため、それ以降立ち入りをお断りしております。   崩落は複数の方が所有する民有地(山)からのものであり、当時も所有者を捜したのですが確定することができませんでした。また、崩落防止等の復旧工事を行うには多額の工事費が必要であり予算的にも大変難しく、所有者がわからないこともあり、未だに手を付けられない状況であります。   お蛇浦遊歩道は、吉野熊野国立公園特別地域に位置し、弁天島にも近く観光にも活かしていきたい風光明媚な地でありますが、このような事情によりご利用いただけないことをご了承願います。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  食事サービスについて、月1回教育センターで一括で作り、利用者様にお届けしています。その件ですが、今の時代にアンマッチのように思われる…けど、私達は自分の仕事と生活にいっぱいです。利用者様は余裕と豊かな生活をなさっている人々と思っています。時代に逆らう考えかも知れないけど、利用者の方々にも立派な息子、娘さんが居られます。全く困った人、独居老人には私も大賛成です。もっと違った方法を考えてほしい。        
  那智勝浦町社会福祉協議会では、現在、町内7地区において、食事サービスを実施させていただいております。 
 この食事サービス実施にあたっては、各地区でご奉仕いただいている福祉委員さんが、早朝からの調理そして、利用者さんに配食して、見守り活動の一環として、行っております。ご承知のとおり、現在、那智勝浦町では、高齢化率(総人口に占める65歳以上の方の割合)は、35%を超え、さらに少子化、若者の町外への移動等があり、高齢者のみでの生活を余儀なくされているケースが多くなってきていると考えます。 
 このような状況下の下、社会福祉協議会として、利用者さんにしてみると、月に一回の食事サービスではありますが、地域ぐるみで見守りをしているという意識にたって、孤独感の解消や安否確認を目的に進めさせていただいております。 
  なお、この食事サービス実施にあたっては、最初に記載させていただいたとおり各地区の福祉委員さんの尊いボランティア活動で成り立っており、貴重なお時間を拝借しての活動であることは、社会福祉協議会役職員一同、常に感謝いたしているところであります。誠にありがとうございます。 
  今般、ご意見を賜りましたことについては、役員とも協議をいたしましたが、多くの利用者さんからの心待ちにしているとのご意見等もあり、今後とも特に高齢者の方々や障害者の方々への地域での温かい見守り活動として、進めてまいりたいと存じますので、ご理解の程よろしくお願いいたします
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 下里神社近くの太田川河川堤防沿いの県有地は運動公園になる程の広さがあるが、公園として整備されないものか?堤の中程から下に降りる階段があれば、より利用し易くなるのだが。近くの試験場跡地に幼稚園も出来るし、広々とした遊び場にもなり得る。
  県による堤防の早期整備が待たれているが、町としても促進活動をして貰えたらと思う。        
  ご意見いただきありがとうございます。ご意見を参考に地区より要望があれば、県へ要望したいと考えております。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 町県民税の納税を郵便局でもできるようにしていただきたい。串本町や新宮市ではすでに行われていると聞いています。
  郵便局で聞くと、要望を町へ出しているが、OKとの返事を未だにいただけていないとのことです。何故なのでしょうか?        
 現在、本町の電算システムが古い為、通常の納付書では郵便局の指定の様式外ということで納付できませんが、今年度、電算システムを新システムに移行中です。それに伴い、来年度分から通常の納付書でも近畿2府4県内の郵便局で納付できるよう対応予定です。申し訳ございませんが、今しばらくお待ち下さい。
  なお、郵便局での納税をご希望される場合、役場税務課へご連絡いただければ、郵便振替用紙をお送りいたします。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 選挙の投票用紙の渡し方について、色川では選挙区と比例区の投票用紙を同時に渡していますが、特にお年寄りは間違いやすく、無効票が出るのではないかと危惧します。
  期日前投票の様に先に選挙区、それを済ませて比例区の投票用紙を渡す、人口の少ない色川では三人の投票所事務職員でも充分それで対応出来るのではないかと思われます。        
 ご意見ありがたく拝見いたしました。ご指摘のとおり、今回の参議院議員の選挙は選挙区選挙と比例代表選出議員の2つの投票用紙に候補者名を記入するもので、特に高齢者にはわかりにくいものであったと思います。
  今後の選挙は知事(11月28日)、県議会議員(3月〜4月)、町議会議員選挙(6月〜7月)となっていますが、いずれも投票用紙は1枚を投票者に配布するもので、しばらくは投票用紙を2枚配布する選挙はないと思われます。(ただし衆議院議員の解散による総選挙がある場合は最高裁判所裁判官の弾劾選挙が同時に行われます。)
  今回のご意見を十分参考にさせていただき、投票される人がわかりやすい投票事務と会場づくりに努めさせていただきます。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 町内の放送について、聴き取りがわかりにくい時がありますので、もう少しはっきりと放送して頂きたいと思います。        
 ご意見承りました。総務課防災係でお答え致します。町内放送は「いつ」「どこで」「何を」を明確に、皆様にお伝えすることが重要と考えています。
  ご指摘いただいた点についても、今一度、気を付けながら放送を行うよう心がけていきます。
  今後もお気づきの点がありましたらお問い合わせ下さい。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 太田地区の休耕田、休耕畑を町で動物が来ないように囲い、野菜、米を作って下さい。
  都会からの若者がよく研修に来ているので(農業研修)、畑、田んぼを使わせてやってほしい。そして子供手当の代わりに米をやってほしい。生活保護家庭の代わりにも米をあげてほしい。日本人は主食なのでみんな喜んで食べると思う。そうすると雇用も生まれて働く所が増えるかもしれない。        
 わが国の農業を取りまく厳しい状況のなかで、町が休耕地を利用して農業経営を行うことは慎重に検討する必要があると考えます。
  町としては耕作請負隊の導入や6次産業化への支援、農業基盤整備、人工衛星食味測定等、農業者の経営を支える施策を行っていく所存です。
  また、ご意見のなかで述べられていた、国費から支給される子ども手当や生活保護世帯の給付金は、現金支給が原則となっていますので、お米などの作物(現物)で給付することはできません。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  先日、白浜方面へ行ってきました。白浜は勝浦と違ってお客様の多いこと、とれとれ市場も人でにぎわっていました。白浜までかお客さんきてくれるのはと思い、次の日、伊勢方面へ行きました。それが、どこの道もパーキングエリア、サービスエリアも車がいっぱいで、お客さんがこないのは勝浦だけなんだなあと思いました。
 何か目玉になるようなパンダでも連れに行ってきてください。かわいい動物たちに会いたいと思う。        
 ご意見いただき、ありがとうございます。
  多くの人が集まりにぎわいのあるまちづくりを進めていきたいと考えております。各種イベント等、多くの人が集まるよう取り組んでまいります。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 ZTVで議会中継を。高年齢で見学に行けません。議員さんの仕事ぶり、考えてる事等を、どんな事をしているのか知りたいと思います。        
  開かれた議会として、議員の活動を皆様に知っていただく事は大切であると考えております。しかしTV中継につきましては、機器の導入・維持管理に要する費用、操作に携わる人員の確保等まだまだ検討を重ねていく必要があります。 
  本庁、各出張所、図書館に会議録を備えておりますのでご利用下さい。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  町会議員は2期で終了してほしい。何期も無制限でやってはいけない。新しい空気を吹き入れてほしい。若返りも必要なのではないか?と思います。        
  個人には立候補の自由がありますので、立候補を制限することはできません。候補者の中から、この人と思う方を選挙していただくことになります。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
   40才、50才母の介護で人生おわりですか?
   出会いのイベントをして下さい。(未婚者何人、年代別 お聞きします。)         
   出会いのイベントについては、現在のところ開催予定はございませんが、今後効果等をふまえ検討をしてまいります。
   町内の未婚者数につきましては、平成17年度の国勢調査の数値がございますのでご紹介します。
   貴重なご意見ありがとうございました。 
 
 
   男 性
   総 数
 男性未
 婚者数
  女性
  総数
 女性未
 婚者数
20〜29歳     590人   428人     709人   467人
30〜39歳     945人   349人     945人   203人
40〜49歳     947人   220人  1,043人   132人
50〜59歳  1,417人   187人  1,558人   113人
60〜69歳  1,408人   102人  1,601人     86人
70〜79歳  1,126人     28人  1,512人     90人
80歳以上     482人       4人  1,034人     31人
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  足湯とか那智駅前浴場とかに温泉シャワールームが併設出来ないものか?漁船員が浴場の休止時間帯に入浴出来ない不便を訴えたりしているが、代用にもなるのでは? 
   低所得の我々でも気軽に安価に利用出来れば非常に助かるのだが。(大きな空港或いは駅でシャワールームが設置されてきているとTVで最近見たりもしているので。)          
    ご提言いただきありがとうございます。
    足湯や丹敷の湯へ温泉シャワールームを設置する場合、温泉の温度が低いのでガス給湯器等で加温する必要がありますが、温泉成分により給湯器の金属部分が腐食する恐れがあります。また、設置費用を見積もっておりませんが、けっして安い金額では収まらないと思います。さらに、常時管理者がいるわけではないので安全管理上の問題点も多々あろうかと考えられます。
   手軽に温泉シャワーを浴びることができれば、観光客や住民に喜ばれ、温泉の町としてのイメージアップにもつながるかと思いますが、諸条件を勘案すると設置は難しいと考えます。
   なお、漁船員のためのシャワー施設につきましては現在整備中です。  
 
 
ご意見・ご提案 回 答
    那智湾で防波堤築造決定しているのに、下里の防波堤整備は何時まで待たされるのか?早く予定の目途をつけ、住民を安心させる段階にまで持って行ってほしい。
   高速道も市屋までの延伸は何時になるのだろう。           
 下里地域の防潮堤整備については次の通りです。
  当町は4地区が津波避難困難地域に指定されていますが、中でも沿岸部に民家が集中している下里地区は特に危険な地域であると認識しています。
   和歌山県は、現状の老朽化した防潮堤の補強改修工事に近く着手する予定になっていますが、町としては国道42号までの江川沿いの津波対策を併せて進めてもらうよう、県に対して強く要望しています。
   平成23年度中には、津波対策の方向性を下里地区の皆様にお知らせしたいと考えています。
   
   那智勝浦新宮道路の市屋までの完成年度は、国土交通省から報告を受けておりません。出来る限り早い完成を町からも国土交通省へお願いしてまいります。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 消防本部の火災注意警報は連日、頻繁に過ぎ、スピーカー近くの住民は耳障りでうんざり腹立つ騒音公害放送である。ちと配慮すべきだろう。異常乾燥が続いているとか、強風であるとか、緊急時の放送を中心に考えての放送になるべく止めて貰いたいものだ。          
 火災気象通報は、気象の状況が火災の予防上危険と認められるときに発表される通報で、湿度が低い、風速が大きい等火災が発生しやすく、また火災が発生したときに被害が拡大しやすい気象状態にあることを、町内の住民に放送しています。 
   その主旨をご理解いただき、どうかご協力をお願いします。
 
通報基準 
@実効湿度60%以下、最小湿度35%以下、最大風速8m
   以上が予想される  場合。 
A平均風速12m以上、1時間以上連続すると予想される場
    合。  
 
 
ご意見・ご提案 回 答
@掲示板 条例等、提示方法の考慮、整理して内容も読めるように。 今の様に貼布してその業務は完遂出来ない。
 
A表にあるガラス掲示板の中、下に重なってあるものがまるで見えません。 掲示であるなら、きちんと見えるようにしないと意味がないのでは。          
 貴重なご意見ありがとうございます。 ご意見を参考に皆様にご覧いただきやすいよう対応しております。 今後もお気づきの点がございましたら、ご意見お願いいたします。  
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 那智の駅、特産売場は最近5時に行っても閉まっています。せめて仕事が終わって帰る5時30分か6時まで開けてほしいと思います。          
   那智駅交流センター農産物直売所の営業時間は、午前10時から午後4時30分までとなっています。昨年までは丹敷の湯と同一建物内にあったことから、入浴受付時間と同じ午後9時まで(丹敷の湯休業日は5時まで)としておりましたが、本年1月の移転時に夕方時の商品数、来客数、従業員の勤務時間等を併せて検討し、午後4時30分までと設定させていただきました。ご指摘いただきました営業時間の延長につきましては、商品数の確保等を併せ、より皆様がご利用いただきやすい直売所となりますよう検討いたしたく考えております。 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
   先月の投書で太地町職員の環境美化作業はボランティアと書いたが、実はそれ専任の職員が仕事しているようだ。当町にはそういう担当がいないのか。 例えば下里江川ハマボウの里がゴミ・流木で埋まっていても、放ったらかしの状況が続いている。観光看板には商工会、観光協会、熊野自然保護連絡協議会の名が連なっているが、誰も音頭取りが現れないのはどういう事だろうか?ボランティア参加協力者も多く出るであろうに。当町として「何でもすぐやる課」あたりがあれば、すぐ取り組みそうなものだが?          
   役場には臨時職員(作業員)がおりますが、主に町道・公園等の清掃を行っています。 ご指摘のところは、「ハマボウの郷」看板が設置されているハマボウの群生地(下里海岸)だと思われます。 下里区長からも要望があり、海岸管理者の和歌山県へ流木の清掃を要望しています。 ご意見ありがとうございました。  
 
 
ご意見・ご提案 回 答
@宇久井支所の玄関の入り口、大変危険です。緊急に工事して下さい。(老人はけしまずく)
A役場宇久井出張所の玄関、足元悪し、つまずく、ケガのもと、至急すべし。よろしくお願いします。
 ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。
  ご指摘の箇所につきまして、早急に改修させていただきました。今後も皆様にご利用しやすいよう努めてまいりますので、ご協力お願いいたします。
 
 
ご意見・ご提案 回 答
@大津波警報発令にともなう対策本部に町会議員の方々の出欠の状況は如何でしたか? 出欠を町広報誌に出席者、欠席者名を公表し、六月の選挙の参考資料の一つとすべきです。 出欠の有無は町会議員の資質、町を良くしようとする意欲、情熱の重要な判断材料になると思いますので、必ず公表すべきです。
A先日の大津波警報の発令時に、町民の財産、生命を守るべき町会議員の方々は、全員対策本部集まり、一生懸命指示等を出してくれたことと思いますが、万一、対策本部に来なかった議員がいれば、町広報にその氏名を公表し、六月の選挙の投票の参考にすべきです。 是非、公表して下さい。又、新聞(熊野新聞)にも発表し、町民の声を聞いてほしい。
B今日、後援会活動をしていて尋ねられました。大津波警報が発令した時、対策本部に出動した町会議員はどなたかと。私はこのことに気付かなかったのですが、私も尋ねたいので、お尋ねします。地元の新聞紙上で公表出来ませんか。        
   ご意見承りました。総務課防災係でお答え致します。
   災害対策本部は災害対策基本法第23条の規定に基づき、「避難の指示・勧告」等の発令や町民・各種団体・防災関係機関に協力を要請するなど、災害応急体制を確立するために設置されるものです。
   災害対策本部は町長が本部長、副町長が副本部長、教育長、消防長及び各課の課長が本部員となって組織されており、本部長の指揮監督の下、本部員が事務に従事することになっております。従いまして、災害対策本部員以外の者は本部への入室が出来ないことになっておりますので、議員の皆様には、議会事務局を通して本部の決定事項を逐次報告させていただいております。
   このように災害対策本部を立ち上げる際に、議員の皆さんに参集要請を行うことはありませんので、ご意見いただいた内容には誤解されている点があるように見受けられます。
   3月11日の大地震を受け、那智勝浦町も防災体制の更なる強化に取り組んでいきますので、今後ともご理解ご協力いただきますよう宜しくお願いします。
   貴重なご意見、有難うございました。  
 
 
ご意見・ご提案 回 答
@消防本部による火災予防放送は、住民の意見を無視し、ほぼ毎日垂れ流しているので、ノイローゼになりそうだ。 行政無線の濫用・騒音公害という悪行を即刻中止させるべきである。
A消防本部の火災注意報は、昨年来より5ヶ月間ほぼ毎日大きな音で、こっちのスピーカー、あっちのスピーカーと繰り返し文言の為に計4回も同じ文言を聞かされ、不愉快もいいとこであった。 それで、今後こうならぬよう、繰り返し文言をなくし、1回で済まして欲しい(しょっ中やっているのだから、すぐ分かる事なので。) 又、うぐいす嬢に吹き替えて貰えれば、不快係数も下がるので、そうして頂きたい。          
   消防本部が放送する火災予防放送は、消防法に基づき気象台から発表される「火災気象通報(気象の状況が火災予防上危険であると認められるとき)」を受けて、町民の皆様に火災予防を呼びかけるため、町内全域を対象にして放送を行っているところです。
   ご意見を頂きました件につきましては、放送文は繰り返しを無くし、当地方の天候状況を考慮した放送を心掛けたいと思います。
   なお、放送担当者につきましては、引き続き消防職員(男性)による放送とさせて頂きますので、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い致します。  
 
 
ご意見・ご提案 回 答
@大津波対策について、下里地区は最危険地帯になっているのに、対策たるや恐ろしいほどにおざなり、お粗末極まりない。責任を持つべき行政当局の姿勢が住民に全く見えてこない。説明、対話集会が早急に開催されて然るべきである。
A<津波シェルターについて> 4/24(月)中日新聞に「お年寄りは密閉性の高い保冷車の保冷庫の中に車椅子のまま入れられ、流されずに済んだ」(東松島市新東名)と記載されていたように、高台避難困難者にはシェルターは有効と確信させられた。 又、役場内にもシェルター(津波パニックルーム)を設ければ生命は助かる。なお、串本警察署も署長以下幹部は、決死の覚悟の如く、産経新聞に載っていたので、この点を提案しておいた。
B今回の巨大津波を見ても20m津波も想定外とは言えない事になった。避難タワー・避難指定ビルも危険となる。高台への避難困難弱者対策は、「津波退避濠」を造る以外、方法はない。
Cこの前の大津波警報時には、下里では避難場所として下里駅跨線橋を目指す人々が目立った。下里平野のほぼ真中の好立地にある訳だし、これを避難タワー代わりに改装出来れば申し分ない。即ち、上部にルーチングバルコニーをのせて貰うだけで、十分な高さを確保、安全性を増す。又、今のままでは収容人数も限られてしまうが、これでほぼ倍増出来るのである。又、ここに海抜何mの表示板も取り付けて貰いたい。
D町立病院は高台へ移築し、津波避難所機能も併せ持つものにすべきである。場合によっては行政機関も一時ここに避難出来るように。          
   ご意見承りました。防災係でお答え致します。
   ご指摘いただいたとおり、下里地区は町内の津波避難困難地域の中でも危険な地域であると認識しています。特に江川沿いにお住まいの皆様は地震・津波の不安を抱えていることと存じます。 
   平成19年6月に津波避難困難地域が指定されてから、下里地区についても、これまで県と町で対策方針を検討してきたところです。 
   ハード面では、県事業で既存の防潮堤補強工事も始まっています。江川沿いの防災対策も協議が進んでおり、近々には地元の皆様に説明できるのではないかと考えています。 
   今後ともご理解ご協力いただきますよう宜しくお願いします。 
   貴重なご意見、有難うございました。  
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 東日本大震災と同程度の地震と津波がこの地方を襲った場合、那智勝浦町の本庁舎も被害を受ける可能性が高いと思います。
 その様な事態に備えて、本庁の重要なデータの写し等を色川出張所に保管してはどうでしょうか。他の出張所も比較的低地にあるので、データの保管場所としては色川が最適だと思います。
 ご提案をいただき、ありがとうございます。
 現在、電算化システム化されているバックアップデータは、消防署に耐火金庫を置き保管していますが、今回の震災で和歌山県からも県庁の耐震構造の建物に保管する案等の提案を受け、県及び県内市町村で近々に検討会を行う予定となっているところです。
 貴殿からご提案の色川出張所を含めた保管場所について、耐震構造、運搬(通信)方法、運搬(通信)時間、運搬・保管等の費用を考慮・検討のうえ保管場所を決めたいと思います。
 また、電算システム化されていない資料等についても今後検討していきます。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 病院の移転につき、高台が15〜20m以上でないと安心出来ないので土地の造成は出来るだけ高くして欲しい。中途半端な高さにしないで欲しい。  新病院の移転先は、教育センターの裏を予定しています。
  現時点では津波の想定が見直される可能性が高いですが、その場所が浸水区域に指定されるかは現時点ではわかりません。また、見直し後の想定で浸水区域に指定されなかったとしても、実際の津波が想定通り発生するとは限らないため、現時点では教育センターのところで進めています。
  現在のところは海抜6〜8mありますが、新病院を建設するにあたっては、次のような津波対策を検討して建設します。例)建物の階層を高くする。敷地を高く造成する。自家発電装置もできるだけ高い階層に設置する。井戸水等を確保する。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 薬師開きょ、線路下の道、自転車と歩行者だけにしてほしいです。
 歩いていて、後ろから静かにすれ違われて、こわい目にばかりあいます。
 ご指摘の場所につきましては、道路幅も狭く、JRの関係もありまして、たいへん見通しの悪い場所である事は把握しています。 
  ただ、朝日地区と勝浦地区をつなぐ生活道路として、古くから利用されてきています。 
  今後は、関係地区の住民の理解を得た上で、通行者の安全の為、歩行者・自転車専用道路として利用していただけるよう、早急に検討させていただきます。 
  ご意見ありがとうございました。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 喫煙コーナーは必要ないのではないですか? 
  スペースはお金ですし、通る時タバコのにおいがして嫌な気持ちになります。 
  撤去を希望します。
 役場ロビーの喫煙コーナーの件についてお答えします。 
ご指摘いただいたとおり、全国的に禁煙対策が進む中、役場入口付近に喫煙場所を設けているのは好ましくないと考えます。 
  この場所につきましては、7月19日(火)から禁煙とし、みなさんが気軽にご利用いただけるスペースとして開放いたします。 
  役場に訪れる方が快適でいられるよう取り組んでいきますので、今後とも、ご理解ご協力いただきますよう宜しくお願いします。 ご意見、有難うございました。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 町議会選挙について改善のお願いです。
  「候補者の情報を公平に行政が主体となって、とりまとめ開示して欲しい。」
   H23.6.26の選挙で投票しようとしたとき、候補者の情報が少ないと感じました。私は地元紙をとっておりません。また、各選挙事務所を回る暇もありません。このような立場の人は全くといっていいほど情報がありません。政治への関心の低下、投票率の低下につながっているように思います。
   条例でも作って、より関心の持ちやすい制度にしてもらえませんか。個人的には役場のHPに掲示してほしいです。
 ご意見・ご提案ありがとうございました。
  もとより、本町総務課に事務局をおく選挙管理委員会では、すべての公職選挙において公平公正を旨としてその執行にあたっています。
 今回の町議会議員一般選挙におきましても、より身近な選挙でもあり、一層、法(公職選挙法)の遵守に注意をはらい、多くの有権者の方々に清き一票を投じて頂けるよう努めてまいりました。
   しかし、ご指摘のとおり、本町にあっては、町内130ケ所のポスター掲示以外は立候補者のプロフィール、政策などは地元紙などの情報にゆだねるところとなり、町民の皆様に十分な情報提供ができていません。
   国政選挙や都道府県知事選挙では、公職選挙法の規定により、立候補者の経歴、政見等を記載した選挙公報が各戸に配布されていますが、町長・町議選挙における選挙公報の発行は各選挙管理委員会の任意とされており、現在本町では発行していません。これは公職選挙法の定めにより、選挙公報は選挙期日の2日前までに各戸に配布しなければならず候補者から原稿を提出していただき、取りまとめ印刷し、各戸に配布するまで告示から3日後までに行わなければならないことから、時間的余裕がないため発行にいたっていません。
  今後は、役場のホームページ等を活用し、立候補者の情報を提供できるよう検討していきたいと思います。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  シンボルパークの噴水のことですが、せっかくあるのですからこの海水浴場シーズンだけでも動かしてほしかった。  
  水が動かないのでくさくなってきていますし、来られた方への印象がよくないし、おもてなしになっていません。 今からきれいにして準備してほしいです。
 
 ご意見いただきありがとうございます。観光産業課から回答させていただきます。
   シンボルパークの噴水については、おっしゃるとおり水が出て動いていれば、見た目や音の面で利用客への印象がよくなると思います。維持費の関係上、海水浴場開設の全期間稼働させることは困難ですが、来年度以降、事前に清掃し繁忙期だけでも稼働させる方向で検討いたします。
 
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  電車、バス等公共交通の衰退は歯止めがかからない状態で、ご高齢の方や自動車の利用を好まない人にも選択の幅を縮めています。
  自動車は一台一人しか乗っていない場合が殆どで、バス、電車もお客は少ないです。公共交通の利用を増やすために、十人乗りのワゴン車を定期的に運行すれば、運賃も安く、乗客も増加すると考えます。
  民間会社に委託する、町でバス会社から引き受ける等の方法はご検討できないでしょうか。
 
 
 公共交通の利用を増やすために小型車両にてバスの運行を検討できないかとのご提案について総務課企画財政係からお答えします。
  現在、本町では熊野交通株式会社が運行を廃止した色川線、太田線について町営バスとして運行を行っております。他の地区につきましては、国道42号や那智山方面のバスなどにより幹線道路の公共交通は確保されていると認識しております。
  現在運行している町営バスは、2路線で1,000万円以上の赤字となっており、新たに路線バスを運行する、熊野交通株式会社の路線バスを引き受けるということは財政的な問題から大変難しい状況です。また、町が運行する際に運賃を民間の路線バスより下げることは民間バス事業者の営業を妨げることになりますので出来ません。
  ご理解のほどをよろしくお願いいたします。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  「高速道路より森林整備と既成道路の修復管理を」 
  既に高速道路や宇久井国道42号線(港地区)の拡張工事が進行しているので、中止、見直しは困難ですが、台風や集中豪雨、暴風などの自然災害時、障害とならないでしょうか? 
  道路の整備は既存の道路や林道にこそ振り向け、森林の維持管理(下刈り、伐採植林)を行えば、雇用の創出、転換につながります。そして公共交通の利用のため、大型タクシー(ワゴン)によるミニバスの導入は検討して頂けないでしょうか。
 
 
  ご指摘のように高速道路や道路拡幅をする場合、工事によって森林等を伐採しています。
  昨年の台風12号により地域全体が甚大な被害を受けました。人命救助等に自衛隊を要請しても高速道路が整備されていない場合、スムーズに現地到着ができずに尊い命を失う結果になります。
  まず高速道が整備され、紀伊半島に高速道路が繋がることによって避けることのできない自然災害に迅速に対応できると思います。
  既成道路(一般国道や林道・農道)の整備と同時に高速道路の整備もすすめてまいります。更に工事に伴う森林伐採につきましては、基本的なことですが、伐採箇所が集中豪雨や暴風で災害が発生しない工法で工事を進めます。
 
現在のところミニバスの導入については実施を行う予定はございません。国道42号沿いには熊野交通株式会社が路線バスを運行されており、JRの運行もされています。熊野交通株式会社が運行している路線バスは、平均乗車密度が4人程度と大変利用が少ない状況であり運行回数の減少等の可能性があります。
  このように現在運行されている公共交通機関でも利用者が少ない中で新たに町がミニバスを運行することは大変難しい状況です。ご理解のほどをよろしくお願いいたします。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 車社会の浸透は、利便性の飽きなき追及の結果ですが、様々な弊害を生みました。
  宇久井地区の細い道や湾岸道路においても傍若無人ともいえる無謀な運転が見られます。湾岸道路については、区からの通知(回覧板)もあり、少しは改善された様に思えますが、以前猛スピードで危険な運転も多いです。
  ドライバーの交通法規、マナーの向上をお願いしますが、制限速度表、段差の設置を希望いたします。 
 
  交通マナーが改善されるよう地元区と話し合いながら対応していきます。
  制限速度の設定については、和歌山県公安委員会と協議を行います。
  また、段差の設置については、段差による騒音、自動車以外の利用者の安全性等の問題がありますので、今後地元区と検討します。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 私は、那智勝浦町に暮らして幸せに思うのは、自然が多く静かで清楚な風景が多い所です。
  観光が大きな産業として魅力ある町を作っていくには、開発せず、手つかずの自然、風景を守っていく事であり、自動車に依存しなくても歩いたり、公共交通が利用し易い様、自治体が後押しして頂く街です。
  観光客の人々のためにも、くろしお特急に様々なタイアップした企画を望みます。
 
 ご意見ありがとうございます。那智勝浦町観光産業課です。
  那智勝浦町では、JR西日本とその沿線市町による「熊野古道キャンペーン推進連絡会」を構成し、熊野古道ウォークの開催、列車と連絡する語り部付熊野古道号の運行などを実施するとともにPR活動をおこなっております。12月には新宮鉄道開業100周年を記念したウォークが紀伊勝浦〜新宮間でおこなわれます。宇久井駅周辺もウォーク会場となっております。
  そして、こういった連携はJR西日本だけでなく、JR東海とも「南紀観光宣伝協議会」を組織して、様々な観光PRを広域で行っております。 
  
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 自動車が一人に一台となる交通社会を推進してきたため、数多くの弊害をもたらしています。
  私の家を通る町道(通称、延命寺線)は、道幅が狭いにも関わらず多くの自動車、バイク、トラック等が時速40km以上のスピードで通過しています。これは、宇久井区の問題かもしれませんが、制限速度標識「スピードを落として」等の表示を道路もしくは看板にして頂けないかと存じます。 
 
 
 ご指摘のように宇久井の町道延命寺線は幅員が3.0〜4.0mです。
  現地を確認させていただきました、速度規制の看板が設置されていませんので、早速新宮警察へ速度制限の看板等の設置を要望させていただきます。
  町としても、特に幅員の狭い道路につきましては安全運転の啓発に努めます。
  ご意見ありがとうございました。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 公共交通は、効率的、環境にも優しく、安全と多くの長所、利点を持っているにも関わらず、和歌山県では衰退の一途を辿っています。
  紀南地方でも電車、バスの利用者は減少しており、その背景には、自動車、道路偏重の交通政策が大きいと思います。。
  熊野交通の路線バスも数人のみの乗客が多いので、町と熊野交通が話し合い、10人〜20人乗りの大型ワゴン車を運用して、料金も安くすれば、乗客は増えると考えます。
 
 ご意見いただきありがとうございます。総務課企画係から回答させていただきます。
  路線バス等の公共交通につきましては、おっしゃるとおり環境面、安全面等からも大変重要であると認識しております。
  現在は、熊野交通株式会社が路線バスを新宮駅紀伊勝浦駅間で1時間に2便程度運行していただいております。また、本町におきましても色川方面・太田方面に1日3便路線バスを運行しております。本町の2路線につきましては、効率化を図るため15人乗り程度の小型車両にて運行いたしておりますが、約1千万円程度の赤字となっております。町の財政状況も苦しく、熊野交通株式会社が運行している路線バスを町が運営する、第3セクター化するということは、極めて難しい状況であります。ご理解のほどをよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 自動車偏重、優遇政策の結果、公共交通は衰退の一途を辿り、環境、エネルギー資源、財政等に深刻な影響を及ぼしています。「車は便利で地方に多大な恩恵をもたらすというのは、社会的費用の増加及びに地域経済、観光への打撃が示すように、多くの人の声を反映していないと思います。
  物流や緊急・災害時の輸送体制のためには、高速道路ではなく、バイパス(一般道路)の部分的開通が最善だと考えます。
 
 
 ご指摘のように一般道路のバイパスはもちろん必要であると思われます。
  現在、国道42号のバイパス的機能として、那智勝浦新宮道路が平成20年3月に供用を開始し、多くの方々に利用していただいています。
  すでに串本方面への工事も進んでいます、新宮から三重県方面への計画も順次進んでいる状況であります。
  将来的には、国道42号のバイパスとして、地震・津波等の災害に対応した道路、又地域経済の活性化や救急医療にも役立つ道路の完成に向けて努力いたします。
  ご意見ありがとうございました。
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
 意見、提案をお聞き頂き有難うございます。宇久井東側の町道通称延命寺線は通学路、歩行道路として多く利用されてますが、自動車の危険走行が多いと思われます。
 私の見る限りでも半数以上の四輪車が40km以上のスピードを出し、中には中、大型車もあり「こんな狭い道を高速で走行したら事故に繋がるのでは」と懸念します。
 道路標識、減速表示(道路、上部標識)段差の設置を望む次第であります。
 
 
 ご指摘のように宇久井の町道延命寺線は幅員が3.0〜4.0mです。
 速度制限の看板につきましては、警察と協議させていただきました。
 仮に「30k」の速度制限の看板を設置すると、30kmまでスピードを出せることになりますので、逆に危険になる可能性があります。
 段差設置につきましても、歩行者及び自動車の走行に危険になる可能性があります。自動車の走行には引き続き安全運転の啓発に努めます。
 ご意見ありがとうございました。 
 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  道の駅の店内の棚をもっと工夫して、商品の数を増やしたり、見やすくしてください。店に入った時にワクワクする感じがしません。(客サイドとして) 
 棚の陳列がいまいちなので、出品する気がしません。(生産者として) 
 せっかく那智の滝の近くの道の駅なのにもったいないです。店の大きさの割に店員も多すぎです。その分、営業時間を延長して下さい。 
 勝浦町もっと盛り上がりましょうよ。お願いします。
 
 ご意見ありがとうございます。道の駅なちの農産物直売所の商品の陳列方法については今後、研究し、工夫していきたく考えています。
 営業時間の延長につきましては、現在の場所に移転した後も検討いたしましたが、夕方以降の商品が確保、補充できないことから、移転当初のまま午後4時30分までとなっています。
 今後もより多くの方々に親しまれ、ご利用いただきますよう努めますのでよろしくお願い致します。 
 
 
ご意見・ご提案 回 答
  犬猫担当の方にお願いします。
 役場の後ろに置いている処分待ちの犬ねこの扱いがあまりにも可哀そうで水も与えることなく、キャットフードもあげていない。
 もしこの犬ねこが自分の家のペットなら、こんな扱いが出来ますか?それと子供達が遊んでいる公園のすぐ側ですよ、「動物虐待」です。
 これから暑くなるので、日かげにゲージを置いてあげてください。よろしくお願いします。交代でたまに見に行きますので。
 
 ご意見ありがとうございます。
 捕獲された犬、猫は新宮保健所が引き取りに来るまでの間、役場で一時的に預かっております。その際の預かり方等につきまして、今後はご意見にありましたような対応をさせて頂きます。
 
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」についてのご連絡のお問い合わせ先

町長秘書担当
〒649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1−1
Tel: 0735-29-2005  Fax: 0735-52-6543
E-Mail: こちらから