和歌山県那智勝浦町
英語 (English)韓国語 (Korean)中国語 (Chinese)
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトマップ トップページへ
サイトの現在位置
トップ暮らしの情報産業森林の土地の所有者届出制度、伐採届について
 
2012年6月25日 更新
印刷用ページを開く
森林の土地の所有者届出制度、伐採届について
平成23年4月に森林法の改正により、無届伐採が行われた場合の行政命令の新設や森林の土地の所有者となった旨の届出の義務化、届出をせずに立木を伐採した者に対する罰金上限の引き上げなどが行われ、平成24年4月1日から施行されています。
◆届出対象者
平成23年4月の森林法改正により、売買や相続等で森林の土地を平成24年4月以降、新たに取得した方(個人・法人を問わない)は、面積に関わらず届出をしなければなりません。
届出をしない、又は虚偽の届出をしたときは、10万円以下の過料が科されることがあります。
ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出している方は対象外です。

◆届出の方法
【届出の方法】
所有者となった日から90日以内に、取得した土地がある市町村の長に届出を行います。
相続により森林の土地を取得した場合…財産分割がされていない場合でも、相続開始の日から90日以内に、法定相続人の共有物として届出をする必要があります。

【届出に必要な書類】
届出書様式に必要事項を記入の上、以下の書類を添付して提出してください。
@その森林の土地の位置を示す図面(任意の図面に大まかな位置を記入)
Aその森林の土地の登記事項証明書(写しでも可)、又は土地売買契約書、相続分割協議の目録、土地の権利書の写しなど権利を取得したことがわかる書類

森林の所有者となった方は、以下のような届出や許可が必要な場合があります。

○立木伐採には、伐採及び伐採後の造林の事前届出が必要です。
(届出を提出せずに伐採した場合、伐採の中止や造林の命令等の監督処分に処せられることがあります。)
【届出の方法】
伐採を始める90日前から30日前までに伐採及び伐採後の造林の届出を市町村に提出して下さい。
※届出を要しない場合もありますので、詳しくは各市町村林業担当部署にお問い合わせ下さい。


○1haを超える開発行為には、和歌山県知事の許可が必要です。
(許可を受けずに開発行為を行った場合、開発の中止や復旧の命令等の監督処分に処せられることがあります。)
※詳しくは和歌山県森林整備課にお問い合わせ下さい。


○保安林に指定されている森林において、立木を伐採したり土地の形質を変更したりする場合には、和歌山県知事の許可が必要です。
(許可を受けずに立木を伐採したり土地の形質を変更したりした場合、伐採の中止や造林の命令等の監督処分に処せられることがあります。)
なお、指定された限度内での間伐等の場合は、伐採を始める日の90日前から20日前までに届出書を市町村に提出して下さい。
※許可や届出を必要としない場合もありますので、詳しくは和歌山県森林整備課にお問い合わせください。


【関連サイトリンク】
  林野庁 本件紹介ページ


【お問い合わせ先】
◆「森林の土地所有者届出書」及び「伐採及び伐採後の造林の届出」に関すること
那智勝浦町 観光産業課 農林係
電話:0735-29-4455

◆「林地開発行為」及び「保安林」に関すること
和歌山県 森林整備課 治山班
電話:073-441-2979
伐採届の様式はこちら
(bassaitodoketandoku.xls: 34k)
伐採者と所有者が同一の場合の様式です。
(bassaitodokerenmei.xls: 35k)
伐採者と所有者が違う場合の様式です。
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」についてのご連絡のお問い合わせ先

観光産業課
〒649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1−1
Tel: 0735-52-2131  Fax: 0735-52-3011
E-Mail: こちらから