和歌山県那智勝浦町
英語 (English)韓国語 (Korean)中国語 (Chinese)
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトマップ トップページへ
サイトの現在位置
トップ暮らしの情報教育・文化・スポーツ学校教育市野々小学校
親情報へ 
2017年9月1日 更新
印刷用ページを開く
市野々小学校
市野々小学校の概要
○所在地  〒649−5302
      和歌山県東牟婁郡那智勝浦町市野々2604

○校 長  西田 好孝
 教 頭  寺地 琢也

○児童数(平成29年8月1日現在)
学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年
23
14
37
教育方針
○教育目標  「たくましく生きる力と豊かな心を持つ児童の育成」
        @やさしい子…心が充実し、人や物に対してやさしくできる子
        Aよく学ぶ子…友達との学び合いで、考えを深め、広げる子
        Bたくましい子…心身ともに健康で、体力向上に取り組む子
沿 革
明治 9年 市野々・井関の両村合併し、市野々宝泉寺を借用して光峰小学校として開校する。
  16年 天満村に那智小学校を置き本校とし、市野々・井関を合併し、市野々分校と称す。
  19年 教育令改正。分校廃止。市野々尋常小学校と称す。
  24年 校舎新築。4間 2.5間(4教室)、工費数百円、地元募金により完成。
  35年 現在地に改造校舎。百坪、その他30坪、建築費3千円は地区民寄付。村費5百円負担。
昭和16年 那智第一国民学校と改名。
  22年 那智第一小学校と改名。
  30年 市野々小学校と改名。
  34年 三菱鉱業所従業員子弟転入により596名となる。校舎新築。完全給食実施。
  39年 大運動場できる。
  43年 水泳プール完成。工費539万円(地元負担116万2千円)
  51年 創立100周年記念祝賀工事実施。
  56年 校舎一部焼失。
  57年 新校舎一期工事完成。
  59年 新校舎二期工事完成。
  61年 管理棟工事完成。
  62年 体育館新築工事完成。
平成 2年 特殊学級を新設する。
   3年 各学年1クラスずつとなる。学校体育研究指定(県)を受ける。本年限りで特殊学級を廃止する。
   4年 学校体育研究発表会を実施(11月20日)し、2年間の指定研究を終了する。
   5年 妙法小学校休校により、4月から本校に統合。児童4年編入。
  20年 那智勝浦町人権教育研究発表会(11月14日)を実施する。
  21年 金銭教育研究指定発表会(12月11日)を実施する。
  22年 特別支援学級を新設する。複式学級を編成する。
  23年 9月4日、台風12号により被災。9月26日、勝浦小学校東校舎に仮移転し授業を再開する。
  25年 2月21日、本校舎の改修工事が完了する。
      4月1日、本校舎での教育活動が復旧する。
校 歌
作詞 片山 忠雄
作曲 北原 雄一 

 一、山紫に 千年の
   杉にとどろく 那智の滝
   心 明るく 真けんに
   手をとり合って 新しく
   学ぶ 市野々小学校

 二、水清らかに 地のそこの
   赤がねにたつ のみの音
   身体を強く 朗らかに
   はげまし合って たゆみなく
   伸びる 市野々小学校
本文終わり
親情報へ ページのトップへ

※「用語解説」についてのご連絡のお問い合わせ先

教育委員会
〒649-5338 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字二河75番地
Tel: 0735-52-4686  Fax: 0735-52-5272