和歌山県那智勝浦町
英語 (English)韓国語 (Korean)中国語 (Chinese)
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトマップ トップページへ
サイトの現在位置
トップ町の情報選挙不在者投票
 
2009年3月16日 更新
印刷用ページを開く
不在者投票
不在者投票
戻る
仕事などで他の市区町村に滞在している方
那智勝浦町の選挙人名簿に登録されていて、投票日を含む前後に、仕事などで他の市区町村に滞在している方は、滞在している市区町村の選挙管理委員会で、不在者投票ができます。
ただし、宣誓書(兼請求書)の提出による投票用紙の請求が必要になります。投票用紙の請求や交付の手続きは郵便で行いますので、日数がかかりますので早めに手続きをしてください。
 
様式は、ダウンロードできます。
宣誓書(兼請求書)」PDF(9KB)
他の市区町村に転出して、まだ現在お住まいの市区町村の選挙人名簿に登録されていない方
他の市区町村へ転出して(県知事選挙・県議会議員選挙については、県内の市町村に限る)3ヶ月経過していないために、現在お住まいの市区町村の選挙人名簿に登録されていない方で、那智勝浦町の選挙人名簿に登録されている方は、那智勝浦町に投票用紙等を請求して、現在お住まいの市区町村の選挙管理委員会で投票することができます。選挙人名簿に登録されているかどうかは、お住まいの地区の選挙管理委員会にお問い合わせください。
また、県知事選挙・県議会議員選挙では、そのほかにも投票用紙等の請求に必要なものがありますので(引き続き県内に住所を有する旨の証明書)、詳しくは選挙管理委員会にお問い合わせください。
この場合も、宣誓書(兼請求書)の提出による投票用紙の請求が必要になります。投票用紙の請求や交付の手続きは郵便で行いますので、日数がかかりますので早めに手続きをしてください。
 
様式は、ダウンロードできます。
宣誓書(兼請求書)」PDF(9KB)
 
指定病院などに入院している方
那智勝浦町の選挙人名簿に登録されていて、県の選挙管理委員会が指定した病院や施設に入院・入所中の方は、それぞれの病院や施設で不在者投票ができます。 
方法や手続きについては、各施設へお問い合わせください。
本町周辺の指定病院・施設は次のとおりです。(平成20年9月末現在)
1.病院
名称 郵便番号 所在地 電話番号
和歌山県立医科大学付属病院 641-0012 和歌山市紀三井寺811-1 (073)449-2300
日本赤十字社
和歌山医療センター
640-8269 和歌山市小松原通4丁目20番地 (073)422-4171
社会保険紀南病院 646-0031 田辺市新庄町46番地70 (0739)22-5000
独立行政法人国立病院機構
南和歌山医療センター
646-0015 田辺市たきない町27番地の1 (0739)26-7050
新宮市立医療センター 647-0072 新宮市蜂伏18番7号 (0735)31-3333
那智勝浦町立温泉病院 649-5331 那智勝浦町天満483番地の1 (0735)52-1055
医療法人日進会 日比記念病院 649-5332 那智勝浦町朝日1丁目221番1号 (0735)52-6511
国保直営串本病院 649-3503 串本町串本2175番地の1 (0735)62-0635
国保古座川病院 649-4115 串本町古座1035番地 (0735)72-0280
2.老人ホーム
名  称 郵便番号 所在地 電話番号
新宮市立養護老人ホーム 寿楽荘 647-0073 新宮市木の川279番地の1 (0735)31-7125
社会福祉法人黒潮園
特別養護老人ホーム 黒潮園
647-0061 新宮市三輪崎2471番地の1 (0735)22-5689
特別養護老人ホーム
温泉ハウスくまの
647-0072 新宮市蜂伏14番19号 (0735)31-8520
社会福祉法人 熊野福祉会
特別養護老人ホーム熊野川園
647-1206 新宮市熊野川町西204番の1 (0735)45-8001
社会福祉法人紀友会
特別養護老人ホーム日好荘那智園
649-5314 那智勝浦町浜の宮850番地の1 (0735)52-5534
東牟婁郡町村新宮市
老人福祉施設事務組合立
養護老人ホーム南紀園
649-5171 太地町太地2281番地 (0735)59-2486
東牟婁郡町村新宮市
老人福祉施設事務組合立
特別養護老人ホーム南紀園
649-5171 太地町太地2281番地 (0735)59-2467
社会福祉法人高瀬会
特別養護老人ホーム 古座川園
649-4224 古座川町高瀬353番地 (0735)72-3355
社会福祉法人串本福祉会
特別養護老人ホーム にしき園
649-3512 串本町二色160番地 (0735)62-5165
3.老人介護施設
名称 郵便番号 所在地 電話番号
医療法人健佑会
介護老人保健施設 けんゆう苑
649-3142 西牟婁郡すさみ町
江住上ミ平見800番地
(0739)58-0500
医療法人北斗大洋会
介護老人保健施設 ルピナス
649-5312 那智勝浦町宇久井714番地の3 (0735)54-6100
社会福祉法人高瀬会
老人保健施設 あじさい苑
649-4224 古座川町高瀬415 (0735)72-6100
郵便等による不在者投票
身体に重い障害があって、投票所へ行くことが困難な方が、郵便等により投票ができる制度です。
身体障害者手帳か戦傷病者手帳をお持ちで、次のような障害のある方、又は介護護保険被保険者証の要介護状態が「要介護5」の方に認められています。
なお、あらかじめ「郵便投票証明書」の交付の手続きが必要ですので、町選挙管理委員会まで申請してください。
戻る
様式は、ダウンロードできます。
手帳の種類等
種類
程度
身体障害者手帳 両下肢、体幹、移動機能の障害 1級もしくは2級
心臓、腎臓、呼吸器、膀胱、直腸、小腸の障害 1級もしくは3
免疫の障害 1級から3級まで
戦傷病者手帳
 
両下肢、体幹の障害 特別項症から
第2項症まで
心臓、腎臓、呼吸器、膀胱、直腸、小腸の障害 特別項症から
第3項症まで
介護保険被保険者証  
 
要介護5
 
代理記載を利用できる方
郵便等による不在者投票をすることができる方で、次の要件を満たし、かつ自ら投票の記載をすることができない方は、代理記載人の代筆により投票できる「代理記載制度」がありますので、町選挙管理委員会まで申請してください。
 
様式は、ダウンロードできます。
同意書及び宣誓書」PDF(7KB)
 
手帳の種類等 種類 程度
身体障害者手帳 上肢もしくは視覚の障害 1級
戦傷病者手帳 上肢もしくは視覚の障害 特別項症から第2項症まで
  • 手帳の記載では該当するかどうかわからないときは、選挙管理委員会にお問い合わせください。
  • 上肢、視覚の障害が1級、特別項症、第1項症、第2項症であっても、郵便等による不在者投票をすることができる方でなければ、代理記載制度によっても郵便投票を行うことはできません。
郵便等による不在者投票(代理記載)の手続
あらかじめ、郵便等による不在者投票を利用することができるものであることを証明する「郵便投票証明書」の交付を町選挙管理委員会に申請します。
 
代理記載による投票については、その際に併せて申請します。
町選挙管理委員会から「郵便投票証明書」が交付されます。
選挙があることがわかったら、町選挙管理委員会に対して投票用紙等の請求をします。請求は、選挙の告示又は公示の日の前でもすることができます。その際に、郵便投票証明書を添付してください。
様式は、ダウンロードできます。
郵便不在者請求書」PDF(5KB)
 請求を受けた町選挙管理委員会から、投票用紙と郵便投票用外封筒(代理)、内封筒が郵送により交付されます。
投票を記載したら、まず投票用紙を内封筒に入れて封をし、さらにそれを郵便投票用外封筒(代理)に入れて封をします。郵便投票用外封筒に、投票を記載した日付、投票記載場所(自宅と記載するか、若しくは住所を記載)、投票者名を記載し、返信用封筒(投票用紙等に同封します)で町選挙管理委員会へ必ず郵便により送付してください。
 
 
代理記載による投票の場合は、郵便投票証明書に記載されている代理記載人が、投票を記載し、同様に内封筒、外封筒に入れて、投票を記載した日付、投票記載場所、投票者名と代理記載人名を記載して、町選挙管理委員会に郵便により送付します。
郵便等による不在者投票(代理記載)の手続
船員の不在者投票
戻る
選挙人名簿登録証明書
那智勝浦町の選挙人名簿に登録されていて、船員手帳をお持ちの方は、町選挙管理委員会に対して「選挙人名簿登録証明書」の交付を申請することができます。
 
選挙人名簿登録証明書の交付を受けた方は、一般の方と同様に選挙当日投票所での投票をすることができるのはもちろん、期日前投票、不在者投票をすることができるほかに、次のような特別な不在者投票をすることができます。
ただし、選挙当日に投票所で投票する場合にも「選挙人名簿登録証明書」が必要になりますので、ご注意ください。 
  • 指定港で不在者投票をする方法
    県内指定港・・・和歌山市、海南市、有田市、田辺市、新宮市、由良町、白浜町、那智勝浦町、串本町
  • 船舶内で不在者投票をする方法
  • 遠洋区域を航行区域とする船舶等(指定船舶)で、ファクシミリ装置により不在者投票をする方法(洋上投票)
投票用紙等の請求・投票の方法・投票できる期間
投票するときに必要なもの
 
  • 選挙人名簿登録証明書
  • 投票所入場券(届いていれば)
投票できる期間
一般の選挙人の方と同様です。(選挙当日、又は、期日前投票の場合は選挙の公示又は告示の日の翌日から選挙の期日の前日まで)
選挙人名簿登録証明書の記載等に多少お時間をいただく場合があります。
選挙当日投票所で投票する場合・期日前投票をする方法
船員本人が指定港の選挙管理委員会に直接出向き、選挙人名簿登録証明書を提示して投票用紙等の交付を受けて、不在者投票を行います。
 
投票用紙等の請求に必要なもの
  • 選挙当日自らが不在者投票事由に該当する見込みであることについての宣誓書
  • 選挙人名簿登録証明書
  • 船員手帳
投票用紙等の請求ができる期間
選挙の公示又は告示の日の翌日から選挙の期日の前日までです。それより前には、投票用紙等の請求をすることはできません。
船舶内で不在者投票をする方法
  1. 登録されている選挙人名簿の属する選挙管理委員会(町選管)に投票用紙等を請求する方法 
    投票用紙の請求方法は、船員本人が請求する場合、又は不在者投票管理者である船長(その代理人も含む)が船員に代わって請求する場合の2通りがあります。
    投票用紙等の請求に必要なもの
     
     船員本人が請求する場合
     ・選挙当日自らが不在者投票事由に該当する見込みであることについての宣誓書
     ・選挙人名簿登録証明書
     ・船舶内で投票しようとする旨を申し立てること
     
     船長又はその代理人が選挙人に代わって請求する場合
     ・投票用紙及び投票用封筒の請求書
     ・請求をした選挙人の選挙人名簿登録証明書
     
    投票用紙等の請求ができる期間
    選挙の期日の前日までです。この場合、選挙の期日の公示又は告示の日前においても請求することができます。
     
  1. 指定港の選挙管理委員会に投票用紙等を請求する方法
    投票用紙等の請求方法は、不在者投票管理者である船長(その代理人を含む)が船員に代わって請求します。船員本人が請求することはできません。

    投票用紙等の請求に必要なもの
    ・投票用紙及び投票用封筒の請求書
    ・請求をした選挙人の選挙人名簿登録証明書

    投票用紙等の請求ができる期間
    選挙の公示又は告示の日の翌日から選挙の期日の前日までです。それより前には請求できません。
     
 投票した不在者投票は、(1)、(2)のどちらの場合でも、不在者投票管理者がその船員が登録されている選挙管理委員会の委員長に送致します。
ファクシミリ装置により不在者投票をする方法(洋上投票)
指定船舶(下図参照)に乗船して、日本国外の区域を航海しようとする船員で、選挙の当日職務又は業務に従事すると見込まれる方が、ファクシミリ装置を用いて洋上投票を行うことができます。
 
指定船舶の種類
船舶の種類 該当することを
証明する書類
漁船以外の船舶 航行区域が遠洋区域と定められたもの 船舶検査証書
航行区域が近海区域と定められたもののうち
国際航海に従事するもの
船舶検査証書
 漁船 以西底引き網漁業に従事するもの 漁業許可書
遠洋底引き網漁業に従事するもの 漁業許可書
北洋はえなわ・さし網漁業に従事するもの 漁業許可書
大中型巻き網漁業に従事するもの
(太平洋中央海区、インド洋海区又は東海黄海海区を
操業区域とするものに限る。)
漁業許可書
遠洋かつお・まぐろ漁業に従事するもの 漁業許可書
近海まぐろ漁業に従事するもの 漁業許可書
中型さけ・ます流し網漁業に従事するもの 漁業許可書
第一種いか釣り漁業に従事するもの 漁業承認証
大西洋はえ縄等漁業に従事するもの 漁業届出済証
鯨類資源調査に従事するもの 調査許可証
漁業調査又は取締り等に従事するもの
(国際航海に従事するものに限る。)
船舶検査証書
 
洋上投票をするためには、まず要件に該当する方が、あらかじめ船長に対して洋上投票をしようとする旨を申し出ます。申し出ができるのは出航前に限られます。  
申し出を受けた船長は、指定市町村(県内では那智勝浦町)の選挙管理委員会の委員長に対して投票送信用紙及び投票送信用紙用封筒の交付を請求することになります。
ただし、洋上投票ができるのは、衆議院議員総選挙及び参議院議員通常選挙のみです。
 
投票送信用紙等の請求に必要なもの
  1. 投票送信用紙及び投票送信用紙用封筒の請求書 
  2. 洋上投票をしたい旨を申し出た船員の選挙人名簿登録証明書 
 
洋上投票をしたい旨を申し出た船員の選挙人名簿登録証明書
出航前に請求できます。交付を受けた投票送信用紙等は、選挙の公示があるまで船長が保管します。
 
洋上投票の流れ
選挙の公示があったら、船長はそれを船員に知らせなければなりません。
 
不在者投票管理者である船長は、船員からの請求(口頭でかまいません)により、投票送信用紙及び投票送信用紙用封筒を交付して、指定市町村の選挙管理委員会に設置された受信用ファクシミリ装置の番号を知らせます。
船員は、不在者投票管理者の管理する投票記載場所で、立会人の立ち会いの下で投票の記載を行います。投票を記載したら、自ら指定市町村の選挙管理委員会に投票の送信を行います。
投票を受信した指定市町村の選挙管理委員会は、受信した投票送信用紙を、船員の名簿登録地の選挙管理委員会へ送致します。
送信を終えたら、投票の秘密を保持するため、投票送信用紙の必要事項記載部分と投票記載部分を切り離し、投票記載部分を投票送信用紙用封筒に入れて封をして、必要事項記載部分をその封筒に貼り付け、船長に提出します。
帰港したら、船長は船員から提出された投票送信用紙の入った投票送信用紙用封筒と、投票送信用紙等受渡簿と一緒に、指定市町村の選挙管理委員会の委員長に送致します。
 不明な点など、詳しくは選挙管理委員会にお尋ねください。
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」についてのご連絡のお問い合わせ先

選挙管理委員会
〒649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1−1
Tel: 0735-52-0555  内線 208  Fax: 0735-52-6543
E-Mail: こちらから
役場総務課内
Tel: 0735-52-0555 Fax:0735-52-6543