和歌山県那智勝浦町
英語 (English)韓国語 (Korean)中国語 (Chinese)
検索
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイトマップ トップページへ
サイトの現在位置
トップ暮らしの情報福祉・保険介護保険に関すること
 
2009年3月21日 更新
印刷用ページを開く
介護保険に関すること
介護保険とは
65歳以上の方が、自立した日常生活が困難となり、家族以外の支援や介護が必要となった場合に、そういった方々を社会全体で支えあうために、40歳以上の皆様が加入者となって(65歳以上の方・第1号被保険者、40歳から64歳までの方・第2号被保険者)介護保険料を納めることにより、支援や介護が必要となった方が、低い負担金又は利用料(費用の1割負担)で介護等サービスを受けて安定した日常生活を保つことができる制度です。
戻る
介護保険制度の仕組み

介護等サービス事業所によるサービス提供名称

対象者 要支援1や要支援2 要介護1から5
区分 予防給付のサービス 介護給付のサービス
広域型サービス
 ○介護予防サービス
  ・介護予防 訪問介護
  ・介護予防 訪問看護
  ・介護予防 通所介護
  ・介護予防 通所リハビリ
  ・介護予防 福祉用具貸与 など
 ○居宅サービス
  ・訪問介護    ・短期入所
  ・通所介護    ・福祉用具貸与 など
  ・通所リハビリ
 ○施設サービス
  ・特別養護老人ホーム
  ・老人保健施設
  ・介護療養型医療施設
 
地域密着型サービス
 ○地域密着型介護予防サービス
  ・介護予防小規模多機能居宅介護
  ・介護予防認知症対応型通所介護
                    など
 ○地域密着型サービス
  ・小規模多機能型居宅介護
  ・認知症対応型共同生活介護
     (グループホーム) など
 

戻る
地域包括支援センター
地域包括支援センターは、高齢の皆さんが地域で生活していくために、地域において総合的なマネジメントを担い、支援していく中核機関です。
介護の悩み(総合相談)、介護予防事業(機能向上トレーニング等)、保健福祉サービス(配食サービス等)について、福祉の専門スタッフが相談に応じます。お気軽に相談してください。
戻る
町内サービス事業所
居宅介護(ケアプラン)支援事業所   7事業所 
居宅サービス事業所
   社会福祉法人          5事業所
   医療法人            3事業所
   有限会社等(上記以外)      9事業所

施設サービス
   社会福祉法人          1事業所
   医療法人            2事業所

地域密着型サービス事業所
   社会福祉法人          2事業所
   有限会社等(上記以外)     2事業所

新規のご相談は、那智勝浦町地域包括支援センターまで
電話 0735-52-0611
介護保険料はどのように決まるか

65歳以上の方の保険料は、住んでいる市町村の介護サービスの費用により算出された「基準額」をもとに決められます。

那智勝浦町の基準額は69,400円(年額)です。

所得等に応じて次の9段階のいずれかに決まります。

所得段階 対象となる方 基準額 基準に対する割合 所得段階別の保険料
第1段階
生活保護受給者
世帯全体が市町村民税非課税で、本人年金収入等が80万円以下の方
69,400円
(年額)
×0.45    31,200円/年
第2段階
世帯全体が市町村民税非課税の方で、本人年金収入等が80万円超120万円以下の方
×0.75    52,000円/年
第3段階
世帯全体が市町村民税非課税の方で、本人年金収入等が120万円超の方
×0.75    52,000円/年
第4段階
世帯の誰かに市町村民税が課税されているが、本人は市町村民税非課税の方で本人年金収入等が80万円以下の方
×0.9    62,400円/年
第5段階
世帯の誰かに市町村民税が課税されているが、本人は市町村民税非課税の方で本人年金収入等が80万円超の方
×1.0    69,400円/年
第6段階
本人が市町村民税課税で、前年の合計所得金額が120万円未満の方
×1.2    83,300円/年
第7段階
本人が市町村民税課税で、前年の合計所得金額が120万円以上190万円未満の方
×1.3    90,200円/年
第8段階
本人が市町村民税課税で、前年の合計所得金額が190万円以上290万円未満の方
×1.5    104,100円/年
第9段階
本人が市町村民税課税で、前年の合計所得金額が290万円以上の方
×1.7    118,000円/年
戻る
  • 保険料はいつから納めるの?
    保険料は、65歳の誕生日の前日の属する月の分から納めます。
    <例>
    8月1日が65歳の誕生日の方  7月分から納めます。
    8月2日が65歳の誕生日の方  8月分から納めます
     
  • サービスを利用しなくても保険料は払うの?
    65歳以上の方の保険料は、地域の介護サービスをまかなう大切な財源になっています。ですから、医療保険と同様に、保険料をお返しすることはありません。介護保険は、助け合いの精神にもとづく 社会のしくみです。どうぞ、ご理解ください。
     
  • 口座振替と年金からの天引き−二重払いにならないの?
    口座からの引き落としは、普通徴収分だけが対象です。特別徴収分(年金からの天引き)との重複納付にはなりませんので、ご安心ください。
     
  • 災害など、特別な事情で、一時的に保険料が支払えなくなったときは
    保険料の減免や徴収猶予を受けられることがあります。町役場の窓口(税務課)にご相談ください。
     
  • 保険料を滞納していると・・・
    特別な事情がなく保険料を滞納していると、サービス利用時に、いったん全額自己負担(後日9割分払戻し)になったり、給付の一部または全部が差し止めになるなど、未納の期間に応じて段階的に措置がとられます。ご注意ください。
本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」についてのご連絡のお問い合わせ先

福祉課
〒649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1−1
Tel: 0735-52-2945  Fax: 0735-52-8635
E-Mail: こちらから