緊急情報
本文
サイトの現在位置
2024年7月23日 更新
定額減税調整給付金について
 令和6年度税制改正により、賃金上昇が物価高に追いついていない国民の負担を緩和するため、デフレ脱却に向けた一時的な措置として、定額減税が実施されます。
 それに伴い、定額減税可能額が定額減税を行う前の令和6年分所得税額または令和6年度分個人住民税所得割額を上回っており、減税しきれないと見込まれる場合に、定額減税調整給付金(以下「調整給付金」といいます。)として支給いたします。

※支給口座について、記入例に「原則、世帯主名義の口座を記入してください。」と記載していますが、本人名義の口座を記入していただいても構いません。記入例に不備がありました事、お詫び申し上げます。

支給対象者

 那智勝浦町より令和6年度分個人住民税を課税されている方(合計所得金額が1,805万円超の方を除く)のうち、次のいずれかに該当する方。
 ○所得税分の定額減税可能額が、令和6年分推計所得税額を上回る(減税しきれない)方
 ○個人住民税所得割分の定額減税可能額が、令和6年度分個人住民税所得割額を上回る(減税しきれない)方

  ※定額減税可能額
    所得税分:3万円×(本人+扶養親族数)
    個人住民税所得割分:1万円×(本人+扶養親族数)
  ※令和6年分推計所得税額
    令和6年分個人住民税の算定に用いた情報(所得金額や各種控除の有無等)を基に、国から示された「調整給付のため
    の算定ツール」を通して推計した所得税額。

支給額

【所得税分】
 定額減税可能額 ー 令和6年分推計所得税額 … ① (①<0の場合は0円)
【個人住民税分】
 定額減税可能額 ー 令和6年度分個人住民税所得割額 … ② (②<0の場合は0円)

① + ② = 支給額(1万円単位に切り上げ)

 ※調整給付金は、町民の皆様にいち早く給付をお届けする観点から、令和5年の所得・控除等の状況に基づき給付額が算定され
 ます。
  令和6年分の所得税額の確定後、調整給付金の支給額に不足が生じる場合には、令和7年以降に不足分の追加給付を予定し
 ています。

受給方法

対象と思われる方に「確認書」を7月中旬以降、順次発送します。
「確認書」の内容を確認し、令和6年9月30日(月)までに返信用封筒にて郵送により提出してください。
「確認書」の記載内容に重大な相違がある場合は、相違があることがわかる書類(源泉徴収票、確定申告書、納税通知書、特別徴収税額通知書など)の写しをご用意ください。
 

注意事項

 自宅に給付金をかたった不審な電話や郵便物があった場合は、警察署、警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

役場が次のことを行うことは絶対にありません。
  • 現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること。
  • 受給にあたり、手数料の振込を求めること。
  • メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること。
  • 金融機関口座の暗証番号をお聞きすること。
 

お問い合わせ

【物価高騰対応重点支援給付金】
那智勝浦町役場 福祉課
(電話番号)0735-52-2945

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
担当:那智勝浦町「物価高騰対応重点支援給付金」窓口
住所:649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1-1(1階福祉課内)
TEL:0735-52-2945 E-Mail:こちらから