本文
サイトの現在位置
2019年4月22日 更新
住宅耐震事業について
那智勝浦町では、地震に強いまちづくりを進めるため、住宅の耐震事業を実施しています。

住宅耐震診断事業

■木造住宅の場合
○補助対象
次の要件すべてに該当するもの
1.平成12年5月31日以前に着工された木造住宅等(専用住宅、併用住宅、長屋、共同住宅)
2.構造が次の工法以外の木造であるもの
  ・枠組み壁工法
  ・丸太組工法
  ・建築基準法(昭和25年法律第201号)旧第38条の規定に基づく認定工法
3.延べ面積が400㎡以下であること

○補助額
診断費用の全額

那智勝浦町木造住宅耐震診断申込書

■非木造住宅の場合
○補助対象
1.昭和56年5月31日以前に着工された非木造住宅等(専用住宅、併用住宅、長屋、共同住宅)

○補助額
診断費用の3分の2以内(上限89,000円)

住宅耐震設計及び改修事業

○補助対象
・耐震診断の結果、評点が1.0未満と診断された木造住宅
・耐震診断を実施された方で、IS値が0.6未満またはq値が1.0未満の非木造住宅
・申請者が居住または居住を予定している住宅であること
・申請者が町税(町民税・固定資産税等)を完納していること
・対象住宅が、過去に同事業による補助金の交付を受けていないこと

○補助の条件
・「木造住宅の耐震診断と補強方法(日本建築防災協会発行)」に基づき、『一般型補強』または『避難重視型補強』のいずれかの耐震補強設計・耐震改修工事を実施すること
・町の交付決定通知後に建築士等と契約・設計または工事着手すること
・毎年度2月末日までに、必要書類を添付し完了報告書を提出すること


■耐震補強設計と耐震改修の総合的な実施
設計から工事までを一体的に補助する制度です。設計と工事、若しくは工事のみの申請はこちらの補助金をご利用ください。
○補助額
①と②の合計額
①改修工事費の40%以内(上限50万円)
②定額補助66万6千円

那智勝浦町住宅耐震改修事業補助金交付申請書(様式第1号の2)

■耐震改修工事
既に耐震補強設計補助を受けている場合は、こちらの補助金をご利用ください。
○補助額
①と②の合計額
①耐震改修工事費の3分の2以内(上限60万円)
②耐震改修工事費の11.5%(上限41万1千円)

■耐震補強設計
○補助額
補強設計費の3分の2以内(上限13万2千円)

那智勝浦町住宅耐震改修事業補助金交付申請書(様式第1号の1)

耐震ベッド・耐震シェルター

耐震ベッド及び耐震シェルターを設置する工事費に対する補助をおこなっています。
■耐震ベッド
ベッドの置かれた空間を補強し、地震により建物が倒壊しても安全な空間を確保するもの。
■耐震シェルター
居住室の内部を鉄筋や木材で補強し、地震により建物が倒壊しても安全な空間を確保するもの。

○補助対象
次の要件すべてに該当するもの
1.平成12年5月31日以前に着工された木造住宅
2.耐震診断の結果、評点が1.0未満と診断された住宅
3.和歌山県住宅耐震化促進事業の補助の対象となる耐震ベッド・耐震シェルターであること(耐震ベッド・耐震シェルターリスト)

○補助額
補助対象経費の3分の2以内(上限26万6千円)

申込方法

役場本庁 総務課 防災対策室までお申し込みください。
※年度毎に申込期日・募集件数がありますのでご注意ください。

ダウンロードファイルはこちら
耐震補強設計完了報告書
ファイルサイズ:16KB
耐震改修工事完了報告書
ファイルサイズ:16KB
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
総務課
住所:649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1-1
TEL:0735-52-4811
FAX:0735-52-6543