本文
サイトの現在位置
2020年3月19日 更新
那智勝浦町 防災行政無線デジタル化整備事業について

概要

那智勝浦町では、災害時における情報伝達手段のひとつである、防災行政無線設備の電波方式をアナログ方式からデジタル方式に変更する事業に着手しています。変更する事により、町民の皆様に災害情報及び行政情報を、より迅速かつ円滑にお伝えすることが可能となります。

これまでとの違い

○雑音が低減され放送の音質向上により、放送内容が聞きやすくなります。

○防災行政無線放送以外にも携帯メールや町ホームページ、SNS等への一斉配信が可能となります。

○音声合成システム…男性または女性の合成音で、聞きやすい明瞭な音声での放送が可能となります。(令和2年4月より運用開始予定)

○戸別受信機…屋内で放送を聞くための受信機です。希望する町内事業所やご家庭に設置します。

事業スケジュール

令和元年度より令和2年度末まで事業の実施を予定しています。令和2年4月より各地区にある屋外拡声子局(スピーカー等設備)の取替工事や各ご家庭に戸別受信機の設置を進めていきます。工事期間中は、工事に伴う交通規制や放送が流れないことがあるなど、ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

※直前放送を聞くことのできる電話応答サービス(52-0667に電話)や、町内放送をメールで受信できるメール配信サービス(bousai.nachikatsuura@raiden.ktaiwork.jpに空メールで登録)は、引き続きご利用いただけます。

防災行政放送メール配信サービス登録方法

戸別受信機等の整備について

・概要
防災行政無線デジタル化により、現在お使い頂いているアナログの戸別受信機や防災ラジオが令和3年3月から使用できなくなり、新たにデジタルに対応した戸別受信機に切り替える必要があります。町内事業所や各世帯に1台無償で貸与します(希望者のみ)。2台目以降の場合は有償による貸与も行う予定です。令和2年5月頃より申込みの受付を開始し、各ご家庭に設置する予定となっています。
※防災ラジオは、ラジオ等として引き続きご使用できます。

戸別受信機の接続図

・戸別受信機とは
那智勝浦町内に設置された防災無線のスピーカーから流れる放送が、家の中でも聞くことができる受信機です。
この受信機により、気象警報や地震情報、その他町からの行政放送等が放送されます。

戸別受信機の受信イメージ

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
総務課
住所:649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1-1
TEL:0735-52-4811
FAX:0735-52-6543