熊野への誘い

大門坂

   

熊野とは紀伊半島南部の汎称(はんしょう)であるが、その境域(きょういき)は必ずしも定かではない。

古くは牟婁郡(むろぐん)とも呼ばれ、近代になると西牟婁郡、東牟婁郡、南牟婁郡、北牟婁郡に分かれ、現在では和歌山県と三重県に属している。

熊野は、そのほとんどが山地である。複雑で険峻(けんしゅん)な峰と谷からなり、外界との交通は困難を極めた。そうした閉鎖性、孤立性が、この地域を神聖視させたことであろう。

(いにしえ)より今に至るまで、熊野は、日本を代表する宗教的聖地である。

 

 熊野はまた、その南が太平洋・熊野灘(くまのなだ)に面する海の国でもある。
「熊野三千六百峰」と言われる山々は、熊野の一つの顔である。
そしてもう一つの顔が、紺碧(こんぺき)の海の熊野である。

 漁労をし、目的地へ航行するには、優秀な船舶と航海術が必要となる。
 一方で、強靭(きょうじん)な体力と精神力が必要となる。
 熊野はその両方の条件を満たしえたから、宗教王国としての発展があった。
 
熊野に霊験(れいげん)あらたかな神々が(しず)まり座しても、これに諸国の人々を結縁(けちえん)させる手段がなければ、その繁栄はなかったであろう。
 いずれにしろ、僻遠(へきえん)の地の熊野に、人々は魅力を感じてやまない。
 その魅力が、熊野へと至る山の路、海の路を切り開かせたのである。

 

 

 

 

   ようこそいらっしゃいました。 アクセスいただき、ありがとうございます。 このWebページは、英語、韓国朝鮮語、中国語(簡体字)に対応した4ヶ国語バージョン、私たちにとって初めての試みです。 どうぞごゆっくりご覧ください。        

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

  

和歌山県 那智勝浦町
649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7-1-1
Tel: 0735-52-0555     Fax: 0735-52-6543 

那智勝浦町のホームページへ戻る