本文
サイトの現在位置
2020年5月29日 更新
那智駅交流センター
 JR紀勢本線の中で特筆した意匠を持つ社殿風駅舎の建物を生かし、JR西日本では初めて駅舎の温泉としてオープンしました。国道42号線那智駅交差点に隣接し、駐車場も広いことから、多くの人々に温泉でくつろいでいただけます。
 交流センター内は、町営の公衆浴場「丹敷(にしき)の湯」のほか、「熊野那智世界遺産情報センター」、当町の出身で日本サッカーの父と称される中村覚之助の紹介コーナーがあります。

一部施設営業再開のお知らせ(5月28日更新)

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため令和2年4月18日より休業していた当施設について、緊急事態宣言の解除に伴い、一部施設の営業を再開いたします。
ただし、受け入れは和歌山県からの要請に従い、当面の間、県内に在住の方のみといたします。
 →(和歌山県「休業要請の対象となる施設一覧」)
県外在住の皆様には、感染の未然防止措置として、ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。
なお、各施設の営業状況及び営業時間は以下の通りです。

施設名

営業再開日

営業時間

 那智駅交流センター 未定
 ※温泉入浴施設のみ営業
 未定
  温泉入浴施設"丹敷(にしき)の湯" 令和2年6月2日(火)
(月曜日が通常定休日のため)
 午後1時~午後7時
 (受付終了は午後6時)
  世界遺産情報センター 未定 未定
 農産物直売所 令和2年5月20日(水) 午前9時半~午後4時
 トイレ 利用可能 -
 ※営業日、営業時間等は今後の状況により、変更する場合があります。


本施設には、ふれあい広場などもあり、南紀熊野観光の拠点としても利用していただけます。

浴場は2階にあり、大きな浴槽はゆったりと入浴を楽しめ、那智海水浴場のある那智湾を眺望することができます。

日本一の落差を誇る那智の滝や熊野那智大社、西国観音霊場一番札所の那智山青岸渡寺のある那智山へはここから車で約15分です。

那智駅交流センターの画像

那智駅交流センター

施設案内

1階 ふれあい広場

くつろぎ広場です。
みやげものコーナー、休憩スペース、観光パンフレット、自動販売機等があります。ぜひお立ち寄り下さい。

ふれあい広場の画像

ふれあい広場

2階 温泉入浴施設"丹敷(にしき)の湯"

丹敷の湯の画像

広い湯船で、昼は勝浦の青い海、夜は勝浦の夜景をみながらゆったりと温泉につかってみませんか?
きっと日ごろの疲れも癒えることでしょう。

料金   大人 600円(回数券7回分3,000円)
     子供 300円 

泉質   単純泉     

性状   透明で僅かに硫化水素臭を有する

効能   神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻
     痺・慢性消化器病・痔疾・冷え性
     病後回復・疲労回復・健康増進等

丹敷の湯の画像2
洗面台の画像

洗面台

脱衣場の画像

脱衣場

浴槽の画像

浴槽(寝湯新登場)

温泉入口の画像

温泉入口

温泉施設

入浴時間 午後1時00分から午後10時00分まで(受付午後9時00分)
休業日 毎週月曜日(但し、祝祭日の場合は翌日)
連絡先 那智駅交流センター 0735-52-9201


農産物直売所

農産物直売所

 地元で生産された物を地元で消費する、いわゆる「地産地消」をテーマに地元生産者に、安心で安価な品物を提供して頂き、農産物の直売を行っています。
 午前9時30分の開店時には、行列ができるほど多くの皆様に親しまれています。お気軽にお立ち寄り下さい。
 また、ここでしか手に入らない地元の手作り製品、まぐろ・お寿司・苺ジャム・色川茶・梅ジャム・めはりずし等の食べ物や工芸品を置いています。

直売日時:午前9時30分から午後4時00分まで

農産物直売所の画像

農産物直売所

地図情報はこちら

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
農林水産課
住所:649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1-1
TEL:0735-29-4455
FAX:0735-29-7146