本文
サイトの現在位置
2016年3月25日 更新
南紀湯川温泉
郷土の文豪、佐藤春夫が名付けた「ゆかし潟」に抱かれ、その昔熊野詣での湯垢離場として栄えたといわれる由緒ある温泉は、良質の湯で懐かしい気分をゆったり味わうことができます。

 

関連情報はこちら
きよもん湯
 紀州の名湯として、約1,500年前に発見されたといわれるこのお湯は、昔から変わらず今も源泉かけ流し。その昔、熊野詣の旅人の湯垢離場として、また病に苦しむ人々の湯治場として多くの人々に親しまれました。
ゆりの山温泉
文豪佐藤春夫が愛した美しい「ゆかし潟」の湖畔にある「ゆりの山温泉」は静かな環境と素晴らしい景観にぴったりの風情あふれる温泉。豊富な湯は蛇口から出しっぱなしにされているほど。少しぬるめの温泉ですが、ゆっくりたっぷりつかっていると、湯あがりにはポッカポカ。リューマチ、神経痛、眼病などに効果的で遠方からの客も多いのが自慢です。
本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
観光企画課 観光商工係
住所:649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1-1
TEL:0735-52-2131
FAX:0735-52-3011