本文
サイトの現在位置
2020年1月15日 更新
不法投棄監視カメラの設置
那智勝浦町では不法投棄対策として、警告看板の設置や監視パトロールを行っております。
しかしながら不法投棄は後を絶たず、生活環境を悪化させています。
今回、和歌山県の協力のもと不法投棄監視カメラを設置し、不法投棄対策を強化することとなりました。

目的

不法投棄の未然防止や行為者(ごみを捨てる人)を特定し、不法投棄の抑止を目的とする。

運用方法

人や車の動きに反応して24時間自動で撮影し、不法投棄の現場を記録します。
不法投棄が判明した場合、警察をはじめ関係機関と連携して対応することとなります。

設置場所

那智勝浦町内
※過去に不法投棄が行われた場所を中心として設置

罰則

不法投棄は軽微なものであっても犯罪です。
廃棄物の処理及び清掃に関する法律により、5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはこの両方が科せられます。
法人の場合は行為者だけでなく法人に対しても3億円以下の罰金が科せられます。

不法投棄をされないために

不法投棄が行われる場所の多くは、人目につきにくい道路沿いの山林や空き地です。
このような場所では不法投棄されにくい環境づくりが重要となりますので、
土地の所有者・管理者におかれましては次のことに留意して管理をお願いします。
・定期的な見回り
・雑草や下草の手入れ等のこまめな清掃
・柵やフェンスの設置
・不法投棄禁止看板の設置


本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
住民課
住所:649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1-1
TEL:0735-52-0559
FAX:0735-52-6562