本文
サイトの現在位置
2022年1月25日 更新
生まぐろの水揚げ日本一
 那智勝浦町の味覚といえばやっぱり「まぐろ」。勝浦漁港は、延縄(はえなわ)漁法による生鮮まぐろの水揚げ日本一を誇ります。

勝浦漁港 魚市場

市場の画像

 勝浦漁港には近海でとれた生まぐろが水揚げされ、市場内に並べられます。朝7時ごろには、第2売場の「展望スペース TSUNAGOOD(つなぐ)」から、入札方式の競りの様子を見学できます。(※市場がお休みの日もございます。)

詳しくはこちら をご覧ください。

紀州勝浦産生まぐろ

まぐろ朝市

 生まぐろの水揚げが豊富な那智勝浦では、新鮮な生まぐろが宿泊所や料理店・家庭に並びます。
 また、まぐろはそのおいしさだけでなく、近年注目される成人病に有効なDHAやEPAを豊富に含んでおり、健康にも大変よい食材です。

 勝浦漁港で水揚げされた生まぐろの取扱店を『紀州勝浦 生まぐろマップ(別サイト)』に掲載しております。ぜひご覧ください。


まぐろ祭り

生まぐろの画像

 毎年1月末に行われる「まぐろ祭り」では、「まぐろ汁」やまぐろの頭をそのまま焼いてしまう「かぶと焼き」、「一頭造り」など、盛りだくさんのまぐろが振る舞われます。
※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、「三密回避」「周遊型」「滞在型」をキーワードに新しい形式でのイベント開催を検討しています。


まぐろ体験CAN

まぐろカンの画像

 勝浦漁港内に、「まぐろ体験CAN」というまぐろを利用した缶詰作り等体験施設がございます。修学旅行でのご利用にも適しています。

詳しくはこちら をご覧ください。

まぐろブロックからのさく取りについてご紹介します

ブロックからのさく取り

ブロックからのさく取りの画像

料理に合わせた切り方

引きづくり

引きづくりの画像

 一般的な刺身用の切り方。包丁を倒さずにまっすぐ構え、刃元のほうから手前に切り込みを入れ刃先をまな板の向こう側につけるように動かし手前に引きながら切る。

そぎ切り

そぎ切りの画像

 厚みのある魚や、薄づくりをするときの切り方。親指と人差し指で軽くマグロをおさえて身くずれを防ぎながら包丁を斜めに入れて切る。断面を大きく切りたいときに。

角切り

角切りの画像

 始め棒状に切りそろえ、さらに幅をそろえてサイコロ状に切る。酒の肴などの小鉢ものに向く切り方。

 

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
観光企画課 観光商工係
住所:649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1-1
TEL:0735-52-2131
FAX:0735-52-3011