本文
サイトの現在位置
2022年6月20日 更新
那智勝浦町の紹介
那智勝浦町ってどんな町?

那智勝浦町は、那智山の門前まち那智町と、温泉と漁業のまち勝浦町、さらに宇久井村・色川村の4ヵ町村が合併し、昭和30年4月に誕生いたしました。その後昭和35年1月に下里町、太田村が加わり現在の姿となっています。紀伊半島の南東端に位置し、気候温暖にして、風光明媚、雄大な自然に恵まれ暖かさ、豊かさ、厚い人情が溢れる町です。  

町章

町章の画像

那智勝浦町 町章

町花

つつじの画像

つつじ

町木

かしの画像

かし

那智勝浦町の位置

那智勝浦町の位置の画像



北緯  33゜37’
東経  135゜56’
面積  183.31平方キロメートル
人口  14,386人
世帯数  7,598世帯 

令和4年1月現在

産業別

第1次産業(4.92%)
第2次産業(13.38%)
第3次産業(78.83%)
その他 (2.87%)

日本一

那智の滝(直下133m)
富士山の見える最遠の地(322.9㎞)
まぐろ延縄漁法による生まぐろの水揚げ
世界測地系の日本における基準原点「下里水路観測所」(日本にひとつ)
日本一短い川(法定河川)「ぶつぶつ川」(13.5m)

和歌山県一

温泉泉源数 177本(町所有8本)[県下総本数508本](令和2年)

観光

観光客数 宿泊客 225,690人 
     日帰客 636,558人
温泉旅館、ホテル、民宿など56施設 4,335人収容可能
(令和3年)

本文終わり
掲載内容に関するお問い合わせはこちら
総務課
住所:649-5392 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地7丁目1-1
TEL:0735-52-4811
FAX:0735-52-6543